Pythonインタフェイス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

H3DAPIのPythonスクリプトエンジンによって使用される機能のリファレンスマニュアルです。
基本的な機能はH3DパッケージとH3DInterfaceを介して提供されます。
スクリプトのグローバルネームスペースにすべてをインポートすることが、最も簡単な利用方法でしょう。
from H3D import *
from H3DInterface import *

グローバルフィールド

  • time - シーングラフがループする度に現在時刻を最新状態にする
  • eventSink - 全てのフィールドを最新状態にする

関数

X3D作成関数

この関数は二つの要素を一組にしたものを返します。
一つ目の要素は作成するノード、二つ目にurl/stringで呼び出されたDEF_edノードのハッシュテーブルを返します。
  • createX3DFromURL( url )
  • createX3DFromString( string )
  • createX3DNodeFromURL( url )
  • createX3DNodeFromString( string )
  • createVRMLFromURL( url )
  • createVRMLFromString( string )
  • createVRMLNodeFromURL( url )
  • createVRMLNodeFromString( string )

X3D出力関数

この関数は引数を含んだX3Dの構文を返します
  • writeNodeAsX3D( node )