※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 名護啓介
【登場作品】 仮面ライダーキバ
【本名】 名護啓介(なご けいすけ)
【異名/愛称/コードネーム】 名護くん(嶋、恵) 名護さん(渡、静香)
【年齢/性別】 22歳/男
【人称】 自分→私or俺
二人称→君orおまえ 目上の人→~さん(嶋さんなど)
渡→渡くん 恵→恵(一度だけめぐみんと呼んだ事がある)
【立場】 素晴らしき青空の会・イクサ資格者
渡、健吾の師匠
バウンティ・ハンター
【身体的な特徴】 中の人は身長183㎝。常に清潔な服装をしているが、一度だけ
ボタンへの執着で着方が汚くなったことがある。
実は体脂肪率でマスターに負けたことがある。
【精神的な特徴】 序盤は自分より弱い人間を見下すような嫌なヤツで、小さなミスも
許さないほど厳しい性格をしていた。そして、その「自分より弱い人間」が
自分に逆らうとすると大声で怒鳴りつけるなど、自分勝手な面もある。
中盤ではボタンを手に入れることが周りにみせているような
善なる行動ではなく、自分のための行動であるようなシーンがいくつかあり、
そのたびに「やめろ!俺は名護だぞ!」などと警官を怒鳴りつけるなど、
自分が偉いと思っていたらしい。
だが番組途中の「ある出来事」により後半に近づくにつれ彼の性格は大きく
変化する。
当初は敵と認識していたキバが渡であることを知るとあっさり許したり、
自分からイクサの装着権を奪い、イジメまがいな嫌がらせを続けた健吾を
サポートしたりと、少しずつやわらかくなっている。
そして番組終盤では完全にネタキャラと化していた。もはや番組序盤とは別人。
【技術/特殊能力】 仮面ライダーイクサに変身できる。
走ってきている車を足で止められる。
【紹介】 特撮掲示板などではおなじみとなったキャラクター。
序盤はイクサに変身できるくせに生身で戦い、変身後の姿をなかなか
みせてくれない「じれったい」キャラクターだったが、遂に変身。
だが人を襲わない、悪じゃないファンガイア──フロッグファンガイアを
いきなり倒してしまったために人気はガタ落ち。
キバは人類の敵と考えているため、何度も対立したが、その正体が渡で
あることを知ると、逆に彼を励まそうとした。
初登場時は、犯罪者を捕まえて警察に引き渡し賞金をもらう
「バウンティ・ハンター」で、賞金は恵まれない子ども達に寄付する善人……
に見えたが、その後の行動や恵の「偽善者」という言葉で善人かどうか
怪しくなっていく。
なお、犯罪者を捕まえた記念としてその犯罪者の衣服のボタンをむしりとって
集めていたが、これを欲して暴走し、警察に逮捕されたことがある(その際の
台詞「やめろ!俺は名護だぞ!」は特撮ファンの間ではあまりにも有名である)
最初の頃は「ファンガイアは全て敵」と考えていたが、終盤ではファンガイアで
ある太牙や渡と共闘もしている。
彼が悪から正義に立ち直った出来事は、次狼に連れられて過去へ向かったときの
話で、渡の父・音也や渡の母・真夜と接触するうちに、「遊び心」を覚え、
真夜に初恋をする。
終盤、視界が歪むようになり、目が使えなくなるが、恵と協力して
ファンガイアを撃退。そして恵が「優しい女」だったことに気付くと、最終回の
最後で結婚した(誓いのキスではにやけている)。
【関連アイテム】 イクサシステム ボタン 753Tシャツ 753キャップ