※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 小野寺 ユウスケ
【登場作品】 仮面ライダーディケイド
【本名】 小野寺 ユウスケ(おのでら-)
【異名/愛称/コードネーム】 仮面ライダークウガ
ユウスケ(士)
ユウスケくん(夏海、海東など)
【年齢/性別】 25歳 男性
【人称】 自分→俺
年下や同じ立場の青年男性→お前、呼び捨て
目上→あなた、~さん
年下の女性→君、~ちゃん
子供→君、呼び捨て
【立場】 仮面ライダークウガ
【身体的な特徴】 ライダー俳優としては小柄(171cm)。士の俳優が大きいため、
尚更そう見えやすい。
【精神的な特徴】 明るく、正義感が強い。それなりに面倒見も良い。
好きな人には尽くすタイプ?
【技術/特殊能力】 仮面ライダークウガに変身できる
【紹介】 クウガの世界の仮面ライダー。
アークルは鳴滝から授かった力で、ディケイドを倒すために与えられた。
元々、「姐さん」として慕っていた八代藍という刑事に惚れていて、
彼女のために戦っていたが、彼女の死後はみんなの笑顔を護るために戦う
仮面ライダーとなる。
キバの世界ではファンガイアの王・ワタルと強い友情を結んだ。
その後の世界では、出番が少なく、クウガに変身しないどころか話に絡まない
こともあったが、クウガの世界の酷似したアギトの世界で再び出番を得る。
アギトの世界では、八代刑事に瓜二つの女刑事・八代淘子と出会い、
彼女のためにG3-Xの装着テストを受けるが、結局装着者は海東になる。
八代のいるアギトの世界に留まろうとした彼だったが、八代はこの世界では
芦河ショウイチという恋人がいることを目の辺りにした彼は失恋。
士や夏海に諭され、自分の旅の終着点がここではないと知った彼は
アギトの世界を後にする。
劇場版では「仮面ライダークウガ」にも存在しなかった仮面ライダークウガ
ライジングアルティメットフォームに進化。しかし、その力を制御できなく
なった彼は士を襲う。
本編最終回でもキバーラに何かをされて凶暴化したが、その続編である
劇場版では何事もなかったかのように理性を持って士と戦い、友人である彼と
死んで世界を救うために特攻した。
ディケイドの死とともに蘇った彼は、大切な仲間の記憶から士を再び蘇らせる。
【関連アイテム】 アークル