※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 金居(かない)
【登場作品】 仮面ライダー剣
【本名】 ギラファアンデッド
【異名/愛称/コードネーム】 カテゴリーキング(ほぼ全員)
【年齢/性別】 少なくとも一万年以上生きている 男
【人称】 自分→俺 他人→お前、貴様、(馬鹿にしたように)君
始→ジョーカー 睦月→坊や
【立場】 ギラファアンデッド
【身体的な特徴】 身長225cm体重128kg。
他のアンデッドと違い黄金に近い体色を持ち、
鎧のような外殻のいたる所にクワガタの牙様の突起が付いている。
クワガタの鋏を模した巨大な双剣「ヘルター」「スケルター」を携帯。
人間の時の姿は中肉中背(中の人は177cm)。二十台半ばの青年の姿。
耳にかかるほどの長さの髪を真ん中で分けている。
細面に酷薄そうな切れ長の目の美形。ふちのない眼鏡を着用。
イエローのハイネックの上にダークブラウンのジャケット、
薄ブラウンのズボン。
【精神的な特徴】 自らの種の繁栄を強く願い、現支配種である人間を憎悪、見下している。
皮肉屋。

目的のためなら力を貸すふりをして裏切ったり
弱みを握って揺さぶりをかけたりする冷酷な性格。
【技術/特殊能力】 人間の姿に変身、人語を理解する知性がある。
双剣はオリハルコン・エレメントさえも切り裂く威力をもつ。
腰にぶら下げているクワガタの牙は手榴弾として使用可能。
バリアが張れる。(至近距離からだと無効?)
砂糖水が好物。
【紹介】 ダイヤスートのカテゴリーキングに位置するギラファノコギリクワガタの
始祖たるアンデッド。
冷たい口調で、他人を馬鹿にしたような皮肉な言葉を投げつける事が多い。
戦闘力はかなりのもので、タイガーアンデッドのバックルを開かせ、
カリスとも対等に渡り合う。(その際二人にアンデッド同士が戦う意味は
無いと共戦を持ちかけるが、断られている。)
いち早く今期のバトルファイトの矛盾に気付き、密かに内幕を探っていた。
やがて天王路にたどり着き、彼がモノリスを所有していると知る。
人間との共存を謳う睦月を一笑に伏し、襲い掛かってきたケルベロス
からは逃走。
その後ケルベロスの吸収の能力の存在を知り、その力を手に入れようと
天王路に挑むが、ケルベロスIIに惨敗し、傷を負う。睦月に匿われ、
その後の戦闘でライダー達に協力する素振りを見せたが、それは真っ赤な嘘。
弱った天王路に止めを刺し、詰め寄った睦月にも一撃を浴びせて立ち去った。
後日始の元を訪れ、自分とカリスの戦闘が原因で栗原晋が命を落としたという
話で始を挑発。
自分を倒し封印すれば勝者はジョーカーとなり世界は滅ぶ事を盾にカリスを
圧倒する。
封印まであと一歩という所だったが、剣崎・虎太郎の妨害により叶わなかった。
だが、ケルベロスの力で剣崎のAカードを奪う事に成功。逃げ去った始を
追う最中、橘に阻まれる。
バリアによって有利に戦闘を進めていたが、ギャレンの捨て身のゼロ距離
射撃を受け、遂にバックルを開く。捨て台詞を残し、ギャレンと共に崖下に
消えた。
おそらく海上のプロパーブランクに封印されたものと思われる。
双剣を用いた剣戟を得意とし、上級アンデッドをも弾き飛ばす
オリハルコン・エレメントを砕く程である。
ハカランダのコーヒー飲み逃げ疑惑がある。
また、デザイン画に「好物は砂糖水」と書かれており、脚本にも砂糖を
零しながら雪原を回想するシーンがあったらしい。
余談だが、名前の「金居」は一文字にすると「鋸(のこぎり)」である。
【関連アイテム】