響と貴音のルームシェア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

唐突になるが、ペットを飼うにはお金がかかる。一人暮らしだと、なお、かかる。
自分を天才と信じて疑わないよう心がけているが、それでも私――間違えた、自分はただの新人アイドルだ。今はまだ。

しかし持つべきものは友人だった。ことに、同期の友人というのはいい。
同じような悩みを持ってると、これ以上は望めないくらい良いと言ってよかった。

「響、それでは」
「うん、ここにしよう」

四条貴音との話し合いが一区切りした。
7階建てマンション、ペットOK。
部屋は最上階、ベランダから南の空が望める。

「引越しだ!」

貴音と自分はルームシェアを始めたのだった。


* *


数日後。

「おかえりなさいませ、あなた様」
レッスンから帰って我が家の戸を開けると、割烹着の銀髪が三ツ指ついている。
彼女は続けて言う。

「お風呂か、ラーメン。あと、たわし?」
「ただいま、いぬ美」

自分は愛犬に声を掛けた。いぬ美はこっちへ、ちょっとまぶたを向けた。そのあと寝た。

「いけずです」
貴音は妙に楽しそうである。自分はため息をついた。
今日のビジュアルレッスンが不調だったのが、今更しんどく感じる。

「帰るなり何だよ、貴音。そういうのは彼氏にやってろ」
「殿方とは、はや50年以上付き合いがありませぬゆえ」

こいつは未成年の筈である。どうやら、生まれてこのかた彼氏が居ないと言いたいらしい。

「……とりあえず、ご飯にしよう。今日の当番、貴音だったよな?」
「はい!」

どうせ、いつもの如くラーメンだろうなと思ってたら味噌ラーメンだった。
麺が手作りだった。こいつは馬鹿なんだと思う。

「貴音」
「はい?」
「おかわり」

貴音はにぱぁと笑った。悔しいけどうまいのだ。自分は育ち盛りだし、仕方ないのだ。
とことこと鍋に走っていく貴音はおっきい癖に、何だか童女のごとく艶めいている。

* *


「へえ、演技の練習ねえ」
「ええ。少し、気になって参りまして」

食事の後、自分が食器を洗う。
貴音は夕刊を片手に白湯を飲んでいる。

「というと?」
「あの…わたくしは、いつもこんな風だと言いますか」
「ふん?」
「古風……と、よく言われます。そして、それ以外の振る舞いができませぬ」

振り向くと、貴音の表情は存外に真剣だった。苦しそうにも見えた。
平気そうに振舞っても、底辺仕事の疲れは溜まるものなのだろう。

「それで、演技の練習を?」
「はい」

さっきの割烹着はその一環だったらしい。コスプレして遊んでるだけじゃなかったんだ。

――かちゃり

自分は最後のカップを洗い終わった。手を拭いて、貴音の向かいに座る。

それから「自分はさ、」と切り出した。
「はい」と貴音は相槌。自分は続けて喋る。

「誰も、貴音にはなれないと思うんだ」
「ふむ?」
「貴音の今までの人生は貴音だけのものだし、たとえば自分みたいなのが真似しても真似できるものじゃない」
「…。」
「もちろん、アイドルっていうのは演技をするもんだよ。でも本質はそこじゃないさ」
「アイドルの、本質?」
「うん。これは自分が信じてる事だけど――いちばん大事なのは、どれだけ自分を見せられるか」

貴音は顎を引いている。上目遣いでこっちを見てる。

「自分しか持ってない物を見てもらって、それでお客さんに嬉しいと思ってもらうこと。
 ……たとえば、だけど。辛くてつらくて仕方ない誰かが、自分なんて何の価値もないと思ってしまった時。
 自分の見るものが色あせて、全部似たようなものに見えちゃって……そういう時、あるだろ?」

貴音の瞳はどこまでも澄んでいる。

「そんな時に、誰かが頑張ってる姿が目に入る。街頭テレビで。インターネットで。サプライズのライブで。
 …それって、きっかけになると思うんだよ。
 ああ、あいつ頑張ってんなって。

 ……歌は、歌手よりヘタかもしんない。
 ダンスは、男の子達より迫力ないかもしれない。バック宙なんて出来ない。
 偶像だから、家族みたいに寄り添ったりもできない」

でも、と自分は言う。自分に対しても、言う。

「女の子が、自分さらけ出して…やけくそみたいに笑って、声いっぱい歌って。
 …口を開けばアホの子だの何だの言われるような、そんな普通の女の子が、だよ。
 それでも私は私なんだって。私でいるのが、楽しくて仕方ないんだって伝えることができれば。
 ……それって、疲れた誰かも、『大丈夫だ』って。『自分も悪くない』って。そう思うきっかけになると思うんだ」

だから、と自分は息を吸った。顔が赤くなってるのが分かる。

「いいんだよ、貴音。無理して自分以外になろうとするのは、いいんだ」

貴音の顔も赤かった。


* *


 月夜だ。
部屋にいないと思ったら、貴音はベランダに出て空を見ていた。

「何してるんだ?」
声を掛けると、貴音は振り向いて小さく笑った。

「故郷の母を……想っていました。その、」
貴音はまた月を見上げた。表情はこちらから見えなくなった。

「先ほどの響を見ていると、思い出してしまって」

またこっちを見た。
ふふ、といつもの微笑みに見えた。

「故郷、か」

自分の故郷は海の向こう。満月はどこから見ても丸いから、だから思い出すと言われるとそうかもしれない。
沖縄から見た月もこんなのだった。

……貴音の故郷も、海の向こうにあるのだろうか?
いつか聞いてみよう。月を見上げて、そう思った。

* *


次の日、765プロ。

――くしゅん!

くしゃみの音が、揃って響いた。

「お茶、はいりましたよ。……二人とも、風邪ですか?」

同期の萩原雪歩の言葉に、自分は肩をすくめた。

「まあ、そんなとこ。でもレッスンはさぼらないぞ。自分も、貴音も」
「ええ」

自分も貴音も、ちょっと夜風に当たりすぎたらしい。反省。


ガタッ

「同居を始めたふたりが、同時に風邪をひいたですって……?」

声を上げたのはピヨ子。あいつはぶれないな。

「社長、事務員がセクハラ」
「ほう?」

ピヨ子は青くなった。


「セクハラだとっ!?」

ガタッ

「俺の響になんてことを。俺の響に」
「プロデューサーは座ってて」

こいつもぶれない。
765プロは、自分に正直な事務所である。