『紳士』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「芯の強い娘を最後まで折ってこそ紳士だろう」
ああ、またプロデューサーが変な事を言ってます。誰か、止めて、
「それは、違う」
真ちゃん。しっかり止めてね。凄く嫌な予感がするから。
「プロデューサー、真の紳士たるもの……」
そうそう、紅茶を嗜むとかレディファーストとか……
真ちゃんとお茶会とか、憧れるなぁ、
「気の弱い娘に攻められて、否、攻めさせてこそだ!」
って、え、ええ? ……白い歯が嫌に眩しいよ、真ちゃん。真ちゃんも遠い人だったの!?
ねぇ、真ちゃん。格好良くて、王子様みたいなあなたはどこに行ったの?
私の中の真ちゃんは答えてくれない。いつもと変わらない笑顔を向けてくれるだけ。
「「雪歩!」」
二人に、呼ばれ現実に戻される。小鳥さんがちょっと羨ましい。戻らないで済むから。
「は、はい」
弱々しく口を開く。願わくば、
「「雪歩はどっちが正しいと思う?」」
どちらの箱にせよ、その中に希望が僅かでも残っていますように。
あるいは、被害者が私ではありませんように。