黒井裁き


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここは、芸能事務所・765プロダクションの社屋でございます。
 今、所属タレントの一人が早朝のラジオ出演を終え、事務室のソファで仮眠を取っております。黄色いロングヘアをだらりと下げまして、脳天に後れ毛を立てましたこの娘――名前を星井美希と申しまして、若手のホープでございます。
 一方、そのそばの机で、熱心にそろばんをはじいている少女がまた一人。
 横長の細縁眼鏡をかけまして、栗色の髪を二本の三つ編みに結いなし、脳天に二本の後れ毛を立てております。名前を秋月律子と申しまして、表向きは所属タレントでございますが、簿記・珠算共に二級という技能を活かし、計理の手伝いもしております。

「ちょっと、美希! そんな寝方してたら風邪引くわよ。いつの間にか、毛布を床へ落としちゃって……自分まで転げ落ちなかったのが幸いね。
ほらほら、毛布を掛けてあげるわよ……全く、鼻から提灯出したり引っ込めたりなんかして……お祭りの夢でもみてるのかしら? 難しい顔をして、何やら寝言をつぶやいて……そうかと思えば、にたりと笑っちゃってるし。
きっと、楽しい夢をみてるんでしょうね……それにしても、既に十時を回っちゃって……三時間も寝りゃ、仮眠としては充分でしょうに……これ、美希、起きなさい!」
「ん? ムニャ、ムニャ、ムニャ……あー、よく寝た」
「何を呑気なこと言ってるの? 既に十時を回ってるのよ! もうそろそろ、次の仕事の打ち合わせでしょ?」
「え!? プロデューサーさん、まだ来てないけど……」
「直に来るんだから、しっかり起きて待ってなさい……それはそうと」
「何、何?」
「さっき、一体、どんな夢みたの?」
「ゆ、夢!? ミキ、そんなもんみてないけど……」
「嘘おっしゃい! 難しい顔をして、何やら寝言をつぶやいて……そうかと思えば、にたりと笑っちゃってたし。あなた、一体、どんな夢みたの?」
「だから、ミキは、夢なんかみてないもん」
「みてたでしょ! さあさあ、話してごらんなさい」
「話せるわけないでしょ! ミキ、別に、夢なんかみてなかったから……」
「まあ、わたしにも話せないなんて……幸い、この部屋にはわたしたちしかいないわ。怪しいやつに聴かれる心配はないわよ」
「聴かれるわけないでしょ! 話せるわけもないんだから……」
「話せるわけもない!? それなら、無理やり話させましょう。このそろばんで、向こう脛を思いっ切りしばいて……」
「やめて! ミキ、痛いの大嫌い!」
 わあわあ言っておりますところへ、美希の担当プロデューサーがやってまいりました。
「お前ら、何を騒いでるんだ?」
「おはようございます。実は、美希が……」
「ほーお、夢の内容を明かしてくれないのか。俺も聴きたくなってきたぞ……おい、美希」
「やだあ、プロデューサーさんまで!」
「嫌がらなくてもいいんだよ……お前、どんな夢みたんだい?」
「だから、ミキは、夢なんかみてないもん」
「みてないはずはないだろう。さあさあ、俺に聴かせてみろ」
「聴かせられるわけないでしょ! 聴かせる話がないんだから……」
「律子は社長室にいるぞ。さあ、美希、話すなら今だ」
「話せるわけないでしょ! ミキ、別に、夢なんかみてなかったから……」
「とことん頑固なやつだなあ……美希、俺はお前の何なんだ?」
「プロデューサーさんだよ」
「プロデューサーだ? そうだろう! そんな俺にも話せないのか?」
「当たり前でしょ! ミキ、夢なんかみてないから、話すことなどできないもん」
「よーし、そこまで言うのなら……俺は今日限り、プロデューサーを引退するぞ」
「やめて! ミキを見捨てないで!」
 続いてやってまいりましたのは、765プロダクションの社長秘書・音無小鳥でございます。
「小鳥さん、ちょうどいいところへ!」
「プロデューサーさん、どうしました?」
「実は、かくかくしかじかで……」
「えっ、美希ちゃんが、夢の内容を話さないですって!?」
「そうなんだよ。律子にも言わず、俺にも言わず……もう、こうなったら、頼みとするのは小鳥さんばかり」
「ああ、そうですか……ちょっと、美希ちゃん!」
「小鳥、ミキに何の用?」
「わたしを呼び捨てないように……一体、どんな夢みたの?」
「その質問、もうやめてちょうだい!」
「美希ちゃんが答えるまではやめられません」
「答えられるわけないでしょ! ミキ、別に、夢なんかみてなかったから……」
「美希ちゃん、どこまで意地を張るの? 律子さんが聴きたがり、プロデューサーさんが聴きたがった夢の話……わたしにならば語れるでしょ?」
「語れないもん! 語れる話がないんだから……」
「いや、幾らでもあるはずです! そんなに言いたくないのなら、この会社から追い出しますよ」
「やめて! 追い出されたら、ミキ、困っちゃう!」
 昔のタレントを真似て、駄々をこねておりますところへ、765プロダクションの社長・高木順一朗がやってまいりました。
「美希君、何を騒いでいるのかね?」
「わたしから代わって申し上げます。実は、かくかくしかじかで……」
「なるほど、口に出せないのか。相当うなされたようだな。小鳥君、よくぞ伝えてくれた!」
「ねえ、社長、ミキはこれからどうなるの?」
「その件については、隣の部屋でわたしが話そう」
 なんてんで、美希を連れて社長室に戻りまして……
「美希君! 幸い、この部屋にはわたしたちしかおらんぞ」
「社長、だから何なの?」
「律子君が聴きたがり、小鳥君が聴きたがり、君の担当プロデューサーさえ聴きたがった夢の話……わたしにならば聴かせられるな」
「聴かせられるわけないでしょ! 聴かせる話がないんだから……」
「美希君、さっきも言ったとおり、この部屋にいるのは君とわたしのみ。さあさあ、話すなら今だ」
「話せるわけないでしょ! ミキ、別に、夢なんかみてなかったから……」
「美希君! 君は、まだ、話せるはずのことを『話せるわけがない』と言い切るのか?」
「当たり前でしょ! 夢なんかみてないんだから、訊かれても答えられないの!」
「おのれ、わたしを愚弄しおって……皆の衆、懲らしめてやりなさい!」
 高木社長の号令で、どこからか黒服の連中が一斉に飛び出したかと思いきや、美希にクロロフォルムを嗅がせ、外へ連れ去ってしまいます。やがて、見知らぬ建物の一室で、彼女は目を覚ましました。
「あれれ? さっきの部屋と、何かが違ってるような……ちょっと、そこの人!」
「そこの人とはけしからん。わたしは、ここの社長だぞ!」
「で、でも……ミキの知ってる社長じゃない」
「知らないで当然だ。わたしは、高木君の頼みで、君を引き抜いたんだからな」
「ミキは、野菜じゃないってば」
「そうではない。765プロダクションから、この961プロダクションへ移ってもらったんだ」
「えーっ!? ここって、芸能事務所なの?」
「そうだ。うちの看板娘として、君を活躍させたいんだが……その前に一つだけ、聴いておきたい話がある」
「何、何?」
「765プロダクションの連中が、事務所を挙げて聴きたがったという……君のみた夢の話だよ」
「いい加減にして! 今朝、寝てたのは確かだけど……別に、夢なんかみてないもん」
「君、君! ここは765じゃないんだよ。わたしにならば話せるだろう」
「話せるわけないでしょ! ミキ、別に、夢なんかみてなかったから……」
「星井君! 夢なんて、人間たれしもみるもんだぞ。君も、さっきの睡眠で、何かの夢をみてたはずだ。さあ、今すぐに打ち明けろ!」
「だから、打ち明けられないの! 夢なんかみてないんだから……」
「おのれ、わたしまで愚弄するか……それなら、こうしてくれるわい!」
「うっ! いっ、息が……」
 黒井社長の両腕に、喉仏を押しつぶされ、意識をなくした次の瞬間。

「ちょっと、美希! 一体、どんな夢みたの?」