コーヒーをいれたから


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

少し鼻を通過していっただけでそれと分かる独特の苦味を含んだ香りと、ゴリゴリと豆が砕けていく心地良
い音を愉しみながら、昼下がりのオフィスで俺はコーヒーミルのハンドルをぐるぐると回していた。給湯室の
ポットの前に陣取った傍らには、コーヒーサーバーに自分用のマグカップをセット済みだ。
 スーツを着て働くようになって以来、食後にコーヒーを飲むことが習慣になっていた。つい先日、一人でオ
フを取ってのんびりしようと思っていたがどうにも落ち着かずデパートへ出かけた際に福引をしたのだが、こ
のコーヒーミルが当たったのだ。
 どうせ自宅に置いておいた所で使う時間も無いだろうと職場へ持って来て見たが、これが中々楽しい。つい
ついコーヒー豆なんぞを自分で買ってみたりと、給湯室の中にこっそり豆の種類が増えていたりもする。
 少し豆の量が足りなかったかな、と思って足そうとした所で、給湯室の扉が勢い良く開いた。
「あっ、兄ちゃん発見!」
 狭い給湯室に高い声が響いた。亜美が思い切り俺の鼻先目掛けて指を差している。
「何してるの?」
 と、その後ろから真美がひょいと顔を出した。俺の握っているハンドルに二人の視線が集中した。
「ねぇねぇ、何それ? ぐるぐる回して何してるの?」
「あぁ、コーヒー豆を挽いてるんだ」
「へぇ、楽しそう! ねぇ、亜美にやらせてよ」
「真美もやるっ」
 亜美と真美が揃って好奇心に目を輝かせた。お互いの意思を確認することなどせず、亜美と真美の両手が一
斉に伸びてきて、制止した俺の右手がごちんと挟まれた。
「いてっ」
 コーヒーミルが傾いて、下部の引き出しから少しだけ黒い粒子が零れ落ちた。
「あっ、ごめん兄ちゃん!」
 先にそう言ったのは真美の方だった。
「もー、真美がいきなり手を伸ばすからだよ」
 眉を顰めて言う亜美が売った言葉を、
「なにさ、亜美だって同じことしたじゃん!」
 と、即座に真美が買う。
「まぁ落ち着け。これがやりたいんだろ?」
 ギスギスした色合いを含ませ始めた二人の視線を人差し指で引きつけて、そのままコーヒーメーカーへ。く
りっとした瞳が下から俺を見上げると、房になった髪を二人は縦に揺らした。
「なんか、おもしろそーなんだよね」
「といってもなぁ、もう半分ぐらいは終わっちゃってるし……」
 どうしたものかと考えあぐねていると、ポットの脇でまだ袋の口を開けたままのコーヒー豆が目に入った。
「二人もコーヒー飲むか? それで、自分の分を自分で挽けばいい。見事に万事解決だ」
 わざと明るい調子で言って、二人のそれぞれにスプーンを手渡す。ちょっと待ってろよ、と前置きをしてか
らさっさと自分の分を終わらせ、フィルターに砕いた豆を注ぎいれてから、どちらから先にするのかと目で問
いかけた。
「んー、ニガいのはイヤだなー……でも、やってみたいな、グルグル……」
 そう言いつつ、真美が流し目で亜美を促した。
「コーヒーかぁ、たーっぷり砂糖とミルク入れなきゃだね」
 真美の言葉を受けて、亜美が一歩前に出た。ややサイズの大きなパーカーの袖から可愛らしい指を覗かせな
がら、ティースプーンで二、三杯。ハンドルを握ると、途端に亜美の目がにんまりと細まっていった。
「お……おぉ~……なんだかめっちゃ楽しいよ、これ!」
 いいなー、と羨む真美の声をBGMに、フルスロットルで亜美がハンドルを回す。バキバキと音を立てて砕ける
豆の破片が、小さなテーブルの上に散った。
「おいおい、あんまり勢い良くやり過ぎるとフッ飛んじゃうぞ」
 苦笑いする俺の声も、大はしゃぎの亜美の耳には入っていなさそうだ。円を描くミニマルな動きに亜美の視
線は熱く注がれっぱなしで、鼻息が荒いのも目に見えるようだ。香ばしいコーヒーの匂いが立ち上る。
 焦げ茶色の豆が刃に砕かれる、塊の存在を想起させる音がジャリジャリとした砂のような音へ変わっていく
のに、そう時間はかからなかった。やがて手ごたえが感じられなくなったのか、ハンドルを回す手の動きも緩
慢なものになっていく。

「ん、終わったっぽい」
 なんだ、もう終わりか、つまんないの。
 そんな声が聞こえてきそうなぐらい、楽しみが失われたことの落胆ぶりが亜美の表情に出ていた。
「ねえ兄ちゃん、次はどうしたらいいの?」
 ゆっくりとではあるものの依然とハンドルを回す動きは止めずに、亜美が言った。
「挽いた豆をフィルターに入れてお湯を注ぐんだ。そこの棚からカップを取ってくれ」
 自分の分を淹れ終えた俺がフィルターに折り目をつけていると、「自分でやるから」と言って亜美が俺の手
からフィルターをひょいとかすめ取った。粉末と化したコーヒー豆をフィルター越しにドリッパーへセットす
るその様子を、真美はそわそわと眺めていた。きっと、自分の番が待ち遠しいのだろう。
「すぐには出てこないんだね」
「インスタントならすぐなんだけどな。ま、これはこれで趣があっていいだろう」
 ドリッパーから少しずつサーバーへ落ちて行く液体に、亜美は膝立ちになって目線の高さをあわせていた。
新薬の開発に携わる研究者のように真剣な目つきだが、ぽかんと開いたままの口が、微笑ましい。亜美の脇で
は、やはりおもちゃを見つけた子供の顔になって真美がコーヒーミルのハンドルを回していた。しかし心なし
か──全力投球だった亜美と比べればの話だが──控えめな力加減で回しているように見える。
 一人分だった香りが、三人分になってゆく。真美がコーヒーを挽き終える頃には、亜美の持ったマグカップ
にもミルクと砂糖たっぷりのカフェオレがなみなみと注がれていた。亜美と真美は二人揃ってドリッパーから
滴る濃褐色の液に見入り、俺はその二人を観察しながらカップを傾ける。いい眺めだった。
 二、三分ほどして、真美のカップにも注がれるべきものが注がれた。意味も無くごつっと音を立ててカップ
を互いにぶつけたりしつつ、口の中に広がる苦味を愉しむ。
「……うげー、苦い。もうちょっと砂糖入れておけば良かった」
 真美が顔をしかめた。
「もう一本砂糖入れればいいじゃん」
 テーブルに半ば腰掛けながら言う亜美のすぐ近くには、砂糖の入っていた袋が何本も散らばっている。それ
を見て、
「やっぱいい」
 真美は首を横に振った。
「兄ちゃん、よくブラックなんて飲めるよね」
「亜美もちょこっとだけパパのを飲んだことあるけど、あんな苦いの、うげーってなんないの?」
「小さい頃は俺も砂糖をいっぱい入れたコーヒーじゃないと無理だったし、そもそもコーヒーなんて飲んでな
かったな。でも、大人になったらよく飲むようになってた。気が付けば砂糖も入れなくなったしな」
 食物の嗜好は七年周期で変わる。大学生の時分、飲み会で教授からちらりと聞いた一言をふと思い出した。
「じゃあ、オトナになったら苦いのもヘーキってこと?」
 亜美が甘いコーヒーを啜った。
「そういうことかもしれないな」
「そっか……オトナって凄いんだね」
 苦い物が平気なぐらいで凄いなんて言うものだからつい笑ってしまいそうになったが、真美が向ける尊敬の
眼差しに気が付いて、そっと心の中にしまいこんだ。
 真美は自分のカップへ視線を落とすと、ゆっくりとそれを傾けていった。
「……っっ」
 目を白黒させてなんとも味のある表情を見せながら、豪快にコーヒーを飲み込み、
「に、苦い……けど、これでオトナに一歩近づいたかな?」
 と、思い切り眉をひそめたままで、真美はどうにか笑顔を作った。
「むー、なんか敗北感……だったら亜美はブラックをイッキしちゃうもんね」
 そう言って新たに亜美がカップを取ろうとする。
「今度にしときな。コーヒーはあんまり飲むとトイレが近くなるし、これからレッスンだから」
「あ、そうだった。ならやめとこ。お腹タポタポじゃ大変だもんね。ねぇ真美、まだ残ってるよね? ちょっ
と亜美のと取替えっこしようよ」
「ん、いいよん。真美も丁度甘いのが飲みたくなったから」
 同じ柄のカップが二人の間で交換された。面倒な事態にならなかったことに、ほっと胸を撫で下ろす。
「ねぇ兄ちゃん」
 甘いコーヒーを飲んで表情から険の取れた真美が尋ねてきた。
「テレビで見たんだけど、OLの人たちってこういう風に給湯室に集まってお喋りするんだよね」
「そうそう、それで、ムカつく人たちの湯呑みに雑巾の絞り汁をたーっぷり入れるんだよね」
 亜美がイタズラっ子の笑みを浮かべた。

「いや、雑巾の絞り汁はやらないと思うぞ。……普通はな」
「えー、やらないんだ」
「少なくともウチの事務所でそんなことする人はいないと思うぞ。こういう風に、たまたま給湯室で誰かと出
くわしてそのまましばらく駄弁ってたりってことは、時々あるけどな」
 あくまでも、時々だ。スタッフによって仕事をする時間帯がバラバラで、事務所の外に出ていることの方が
ずっと多いこともあるので、給湯室の中では一人でいることの方が多い。亜美真美とはいつも顔を付き合わせ
ているが、ジュースを飲むことが多い二人は別室の冷蔵庫の前にいるのが大抵で、こうして給湯室までやって
くることは少ない。
 だからこそ、この珍しいコーヒータイムは思いがけず嬉しかった。
「ねえ、兄ちゃんはいつもアレ使ってるの?」
 一仕事終えてのんびりと机の上で佇むコーヒーミルを指差して、亜美が言った。「よさげだよね、アレ」と
真美も同調する。
「ああ、こないだ福引の景品で貰ったばっかりだから、使い始めたのはつい最近だけど」
「じゃあ、今度兄ちゃんのコーヒーも淹れさせてよ。あのグルグル楽しーし」
「お、亜美が淹れてくれるのか?」
「そうそう、これから兄ちゃんのコーヒーは真美達が淹れるんだよ」
 笑顔でそう語る二人を見て、俺の頭の中に、亜美や真美が俺のデスクまでコーヒーを持ってきてくれる光景
が思い浮かんだ。
「お待たせ、兄ちゃん」
 などと言いながら、中々いい塩梅の濃さに仕上げてくれていたりするのだろうか。
 いいかもしれない。
 と、そこで待ったがかかった。
「雑巾の絞り汁を入れたりはしないよな?」
 まさかと思いつつも、尋ねてみる。
「しないよ」
 真美はそう答えたが、
「でも、兄ちゃんが勝手に自分で淹れたら、やっちゃうよ」
 亜美が含み笑いをしながら言った。
「あ、それいいかも」
 真美が鮮やかに掌を返す。
「ふ、二人がいる時はともかく、いない時はセーフだろう?」
「んっふっふ~……ダメ」
「亜美達がいない時はコーヒー禁止ね」
「ええっ、酷くないか? というか、ハンドルを回して豆を挽きたいだけだろう、二人とも」
「えへへ、そうだよ」
 ぺろり。亜美が唇から舌をちらりと覗かせた。習慣を突然禁じようという理不尽に抗議したい所だが、悪び
れる様子の無いその顔を見ていると、二人に任せても構わないかもしれないという思いが沸き起こる。
「……分かったよ。亜美と真美に任せる」
「わーい! じゃあ真美、交代でやろうね」
「ついでに、真美達の分も淹れちゃおっか?」
 きっと三日坊主で終わるだろう、という予想。しかし反面、二人と過ごすコーヒータイムが増えることへの
期待もあった。二人の機嫌が良くなるきっかけが一つでも増えるのなら、それはありがたいことだ。
「じゃあ、そろそろ時間だし、カップを洗ってレッスンに行くとしようか」
「はーいっ」
 俺の呼びかけに、二人は綺麗にユニゾンで返事をくれた。
 今日のレッスンは、いい結果が期待できそうだ。


 終わり