※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セントビンセント・グレナディーン諸島

(Saint Vincent and the Grenadies)


面積:388平方キロ

人口:11万人

首都:キングスタウン(Kingstown)

言語:英語


テレビ:2万台

ラジオ:8万台


南米ベネズエラの北の海には無数の島が点在し、

10を越える島国で混み合っています。

セントビンセント・グレナディーン諸島もその中の国で

おそらく世界300カ国の中では一番長い国名でしょう。

まとめて西インド諸島とか、小アンティル諸島などと

呼んでいます。

セントビンセント・グレナディーン諸島は北部に位置する

セントビンセント島とその南に連なるグレナディーン諸島

の北部からなっています。南部は別の国です。


セントビンセント島は森林におおわれた火山島で北の

最高峰スフリエール火山(1234m)は覚えやすい高さで

1812年、1902年に大噴火を起こし大災害をもたらしました。


これはアメリカが3番目に恐れている火山です。

マヤの暦によると世界の終末は2012年の末になって

いますが周期からそろそろ大爆発の時期です。

この火山が爆発するとアメリカ東海岸には30mもの

大津波が押し寄せます。


2番目は北アフリカのラ・パルマ島の大火山。

島全体が火山でタブリエンテ山(2423m)が大噴火すると

島の半分が海に陥没するという大きな衝撃で、

1500mという史上最大の大津波が発生し5000kmも

離れたアメリカ東海岸に50~100mの大津波が

押し寄せます。推定死者400万人、被害額400兆ドル。


トップはイエローストーン国立公園の地下に眠る

超々巨大火山の大噴火。噴火口は長野県の面積に

相当する大きさで噴火の周期は60万年毎。

前回の大噴火は64万年前。不気味です。

ハザードマップによる推定死者数は1億人以上。


いずれも噴火直前には地震が多発しますが

今のところ大丈夫です。

安心してイエローストーン国立公園の見物ができます。


セントビンセント・グレナディーン諸島の原住民である

カリブ族は植民地政策によって、イギリス人、フランス人、

オランダ人に1700年代は交互にいじめまくられ反乱を

起こしましたが全員がホンジュラス沖のバイア諸島へ

島流しの刑にされました。

そのため住民の95パーセントはアフリカ系の黒人国家に

なっています。

主産業は農業、サトウキビ、バナナ、クズウコンなど。



テレビ:SVG-TV(民放)毎日20時間放送(英語)

アメリカから購入90%、自主制作10%


ケーブルテレビは無許可のCCTCが営業していて

認可されたKCTVが営業していないという理解しがたい

状態。


ラジオ:SVGNBC(英語)



本日のメディア用語

フォーマット(Format)

パソコンでは初期化のことですが放送ではまったく異なる

意味で、ラジオ番組のジャンル(種類)を意味します。

主なフォーマットは、ニュース、トーク、音楽。











-