記銘


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 記憶のメカニズムは、記憶の過程と言う点からみると、記銘(符号化)・保持(貯蔵)・再生(想起・追想)という3つの過程が正常に働くことによる。
  • 経験したことを覚える段階が記銘である。
  • 記銘された内容は脳の中で保持され、必要に応じて思い出される(想起)。
  • 記憶したことが思い出せないのは、記銘力の低下ではなく、健忘、つまり想起障害の症状である。
  • 新しいことの記銘と貯蔵は 海馬海馬回 が重要な役割を果たしている。