NivoLive2.0.2改使い方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初期設定(Initial Setup)

  • まず、立ち上げて最初に行わなければいけないのは、初期設定です。
  • NicoLive改を立ち上げて開いたウインドウの、右上をクリックすると、メニューがプルダウンします。



  • メニューの中から、「初期設定」を選択します。


ニコ生ログイン情報の設定(Nico Live Login setup)

  • 最低限、ニコ生のログイン情報を設定してください。
  • 他のツールとログインを共有する場合は、「ブラウザのクッキーを利用」にチェックを入れてください。
  • FME配信を行う場合は、「デフォルトでFME配信を利用する」にもチェックを入れ、FMEタブでFMEのコマンドラインツールのパスを入力してください。


FME情報の設定

  • FMEcmd.exe のパスを設定してください。
    64bit OSの場合、
    C:\Program Files (x86)\Adobe\Flash Media Live Encoder 3.2\FMLECmd.exe
    32bit OSの場合、
    C:\Program Files\Adobe\Flash Media Live Encoder 3.2\FMLECmd.exe
    になります。
  • FMEの設定方法に従ってnicovideo_fme.xmlを作成し、NicoLive.exeをインストールしたディレクトリに格納します。
  • NicoLive.exeをインストールしたディレクトリに、 nicovideo_*.xml という名前でFME設定ファイルを作成しておけば、NicoLive改より選択可能になります。
  • 「fmesession.datのパス」は、fmesession.datのフルパス名を保存します。これは、必須ではありませんが、FMEが立ち上がらない場合の原因の多くは、fmesession.datが原因で、削除することでなおります。ここにfmesession.datのフルパス名が設定されていれば、自動的に削除されます。

    Windows 7 の場合の設定値は、
    C:\ProgramData\Adobe\Flash Media Live Encoder 3.2\fmesessions.dat
    になります。


放送の枠取り

  • 枠とりの方法は、NicoLive1.0.46改25と同じです。
  • 「枠取(F1)」もしくは、「前枠続き(F2)」で枠を取ります。



放送の開始

  • 生放送の設定がうまくいけば、「通常配信開始」か「FME配信開始」がクリック可能になります。
  • 「初期設定」→「一般」にある、「自動で配信を開始する」にチェックが入ってれば、枠が取れると自動的に放送を開始します。
  • いずれか片方をクリックすると、放送開始です。
  • 放送開始後に、「FME配信開始」や「FME配信開始」を押すことで、配信方法を変更できます。

  • うまく放送されているばあいは、「FME配信開始」もしくは「FME配信開始」ボタンの左側のインジケーターが点灯します。

  • 「配信停止」ボタンをクリックすると、時間が余っていても、放送を終了できます。
  • 途中で何らかの理由で誤ってNicoLiveを終了してしまった場合、NicoLiveを起動しなおして、「接続(F12)」をクリックすることで、放送を再開できます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。