FLASHアクセサリ(線量率)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 車載向けのFLASHアクセサリの第2弾。USB接続して、線量をPCに取り込むことができる線量計を入手したので、測定値をXSplit上にFLASHとして貼り付け。
  • タクシーメータと同様に、C#で書かれたアプリで線量計からの情報をUSB経由で読み出し、FLASHに対してソケット通信でデータを送っています。また、DoseRAE2のプロトコルは、 VvPhoneさんのページ を参考にしました。

  • 今回用いた線量計は、DoseRAE2。

    ;

  • XSplit上でのイメージは、こんな感じです。

    ;


ダウンロード

  • DoseRAE2から値を読み出し、FLASHに送るWindowsプログラムと、表示用のFLASHファイルが同梱されています。
    DoseRAE2.zip

インストール

  • DoseRAE2.zipの中身を適当なディレクトリにコピー。GeigerServ.exe と crossdomain.xml が同じディレクトリに入っている必要があります。また、DoseRAE2.swf は、XSplitをインストールしたディレクトリにコピーしてください。
  • DoseRAE2については、少なくとも付属のCD-ROMで、USBシリアル(CP210x)のドライバをインストールし、シリアルポートからDoseRAE2との通信が可能な状態にします。
  • また、DoseRAE2のファームウエアは V1.12以上 にあげておく必要があります。そうしないと、表示が1/10の値になります。

使用方法

  • GeigerServ.exe を起動
  • 初回起動時は、ソケット通信の許可を求めるダイアログが現れます。FLASHとの通信に必要なので、許可してください。
  • GeigerServ.exeを起動したら、まずDoseRAE2が接続されているシリアルポートを指定します。

    ;

  • 指定したら、OPENボタンをクリック。

    ;

  • しばらくすると、線量が表示されます。

    ;

  • この状態で、XSplit上に貼り付けた DoseRAE2.swf上に線量が表示されるようになります。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。