前期

数学通論

高山 信毅(2010・2011年度)
出席:有り
授業内容:集合・写像・同値関係の基礎 プログラム 代数学基礎 図形と公理
備考1:レポート有り。
備考2:小テスト有り。再テストあり。
備考3:期末テストは合格するまで再テストなので必ず単位がでます。レポートからの出題。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
樋口 保成(2012年度)
出席:なし
備考:毎回レポートあり プリント一枚程度で難易度はそこまで高くない。
備考:非常に優しい教授であり、2014年度で定年である(確か)ことが非常にくやまれる。
備考:内容は大学数学の基礎の基礎。高校数学にも少し役立ちそうな気がするので教職を狙う人はやっていて損はない。
備考:テストはやることやっときゃ普通に単位はとれる。

+ 授業・テストの評価
+ コメント

解析学序論Ⅰ

小池 達也(2010・2011・2012年度)
出席:有り(小テストにて確認)
授業内容:解析学(主に極限と微分)演習形式
備考1:授業のあとに、授業の範囲の小テストをする。
備考2:授業が分かりやすい。
備考3:成績評価は結構あまめ。ただし数学科は必修科目なのでなめてかからないこと。
+ 授業・テストの評価
+ コメント


後期

解析学序論Ⅱ

前川 泰則(2010・2011年度)
出席:有り(テストにて確認)
授業内容:解析学(主に積分)演習形式
備考1:最初にテストをしてから、解説をする。
備考2:解説はテストの答えを黒板に書き写すだけ。全く面白くない。
備考3:今年度は中間考査のかわりにレポートがあった。同じ問題を解くだけなので楽。
備考4:数学科は必修科目なので注意。
備考5:期末テストは2年連続同じような問題。証明とかはあんま出ない。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
佐藤 進(2012年度)
出席:有り(世話焼きなので出席しないとめちゃくちゃ心配されるよ!あと呼び出しとかもあるかもね!)
備考:連続や一様連続、また命題に関するお話。
備考:レポートは2,3回あったような…?
備考:分からない人にたいしては、わかってほしいという気持ちが強いのか、とっことん説明してくれます。
備考:テストはめちゃくちゃ難しいわけでもなし、再試あり。単位落としたやつは1割いなかったかと。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

数学要論

小池 達也(2010・2011・2012年度)
出席:無し
授業内容:集合・写像・同値関係・順序
参考文献: 集合・位相入門
備考1:たまに小テストを行う。
備考2:期末前に過去問が配られる。模範解答は配られない。
2011年度追記:今年は過去問と基本的な問題が約70題載った演習プリントが配られた。解答も配られたが、ありえないぐらい間違っていて、間違いの内容もありえないぐらいのクオリティ。それらの間違いが指摘できるように勉強すれば自然と実力はつくはず。
2012年度:レジュメが配られ、それをしっかり読めばなんとかなりそうだが、この代はちらほら落単が…
+ 授業・テストの評価
+ コメント

数学演義

渡邉 清山川 大亮(2010年度)
出席:無し(発表の回は休まないようにしましょう)
授業内容:ゼミ形式(本を読み、内容を咀嚼したうえで発表する形式)
使用図書: 複素関数概説 (数学基礎コース)
備考1:複素関数論。余程のことがない限り減点されない。
備考2:評価は最後にレポートを一枚書くだけ。楽勝である。
備考3:入学年度の後期以外の履修はできない。また他学科の履修もできないので注意。

渡邉 清野呂 正行(2011年度)
2010年と概ね一緒。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

吉岡 康太太田 康広(2012年度)
備考:出席番号で半々。私は吉岡先生でした。
備考:吉岡さんにあたった人は本当に覚悟しましょう。(この授業だけでなく)
備考:黒板で説明したあとに、「で?だから?」みたいな反応されたのが懐かしいです(笑)他にも指摘されて固まった人が多かったです。
備考: この講義に関しては この人は簡単に単位はくれます。
+ 授業・テストの評価
+ コメント