日本史

兜玉 州平(2010年度)
出席:2回に1回ぐらい取る。小レポートのようなもの。
備考1:出席と期末テストで評価。テストは問題が事前に配られる上、
持ち込み可なので家で答案を作って写すだけで大丈夫。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
市澤 哲(2010年度後期)
過去問: 2012年度後期
出席:有り(感想の提出)
授業内容:鎌倉末期~室町前期 資料から学ぶ日本史
備考1:毎回大量の資料が配られる。ファイル持参したほうがよい。
備考2:テストはノート・配布資料持ち込み可。資料に書き込みしておけば楽勝である。
備考3:2012年度も上に同じ。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
深見 貴成(2010年度)
出席:無し
備考1:4、5回に1回くらいの頻度で、小レポートを書かされる。いつ実施するかはわからない。
備考2:テストはレジュメ持ち込みOK。レジュメの内容を切ったり張ったりして量を書けば単位は貰える。
備考3:講義内容は近代の日本の農村史。地味なので気をつけて。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
長 志珠絵(2011年度後期木2)
出席:コメントペーパーが2回あった。
備考1:内容は近代の日本について。レジュメがよくわからなかった。
備考2:期末テストは内容説明(70点)と資料活用(30点)だった。筆者はコメントペーパーは2回とも書き、資料活用は解けたが、内容説明は少し的外れなことを書いてしまった。でも優をもらえたので、単位にものすごく厳しいということはないはず。

+ 授業・テストの評価
+ コメント
一色 哲
(2012年度前期)
出席:無し
備考:日本史と書かれているが、実際は沖縄・琉球についての授業。
備考:毎回配られるレジュメは絶対に貰うべき。
備考:授業の最後に質問を2,3個出され、それに紙で答えるという作業がある。正解を答える必要はないが、質問内容が試験に関わってきやすいので質問をレジュメにメモしておくと良い。
備考:評価は期末試験のみ。ただ、準備をしていかないと試験で書ききれないほどの文字数を要求される。
備考:私語に厳しく、退出させられることもあるので要注意。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2012年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント