《戦線恐狂 ダヴィンチ・コード》

戦線恐狂(スリルショック・サスペンス) ダヴィンチ・コード SR 闇/光 (9)
クリーチャー:アウトレイジMAX/アンノウン 12500
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■T・ブレイカー
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、またはこのクリーチャーが攻撃する時、相手の手札を2枚見ないで選ぶ。相手はそれを見せる。その中の呪文を、自分がコストを支払わずに唱え、持ち主の墓地に置いてもよい。その後、相手は見せたカードの残りを自身の墓地に置く。
■このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分の手札に戻す。
作者:玄露

フレーバーテキスト

遍く全ての存在の呪怨の声に応え、幾星霜の時を越えて再臨する。


■モデルは当然、《「呪」の頂 サスペンス》。本家と比較すると、
  • 踏み倒しても能力が起動する。
  • アタックトリガーも持っているため、出た後も仕事をする。
  • コストが低い。
という点では勝るものの、
  • シールドを焼却できなくなったため、フィニッシュ能力はあちらよりも低い。
  • 多色である。
  • エターナルΩからモヤシに変わったため、除去耐性が落ちた。
等の点から、どちらも一長一短。

■種族シナジーは少々活かしにくいデザイン(一応、《超竜の潮流 コンコルド》などの相性のいいカードも存在するが)。五色コントロールのフィニッシャーなどとしての運用が現実的なところであろうか。《ミステリー・キューブ》で踏み倒す対象としても、同系デッキのメタになるので悪くない。

■二つ名の読み仮名は某名探偵アニメのopより。

■何気にアンノウンの命名ルールにも準拠している(名前に『コード』とある)。

■実は生き延びていた《「呪」の頂 サスペンス》が、欠損した自身の身体を修復するためにアウトレイジ達を襲いその武器を奪って身に着けていく内に、自身がアウトレイジと化してしまった姿、という設定。

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|