アウェイク・ゲート

DMSS-06 「時門編(サイキック・ゲート)第一弾」で登場した新たなタイプのカード。条件を満たすことによって、自分の超次元ゾーンからコスト(左上のサイキックコストを参照)を支払ってサイキック・クリーチャーを呼び出すことが可能になる。

時空門ムシャ・ゲート P 火文明 (6)
アウェイク・ゲート
■自分の火のクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手のコスト4以下のクリーチャーを1体破壊してもよい。
リベレイト-バトルゾーンに自分の火のクリーチャーがあれば、このカードを自分の超次元ゾーンとリンクする。(リンクしている間、このカードをタップする。リンクが外れた時、このカードをアンタップする)
■このカードが自分の超次元ゾーンとリンクしていれば、コスト7以下の火のサイキック・クリーチャーを自分の超次元ゾーンから召喚してもよい。

ルール

  • アウェイク・ゲートはバトルゾーンに出して使用する。クリーチャーやクロスギアなどと同様に、一度バトルゾーンに出せば、何らかの効果でバトルゾーンを離れるように指示されない限りバトルゾーンに残り続ける。
  • アウェイク・ゲートのプレイはクリーチャーの召喚などと同様の手順を踏み、メインステップにコストを支払うことで行われる。
  • 「サイキック・クリーチャーを自分の超次元ゾーンから召喚」する能力は、召喚するサイキック・クリーチャーのサイキックコストを参照にし、規定のコストを支払って召喚する必要がある。
  • アウェイク・ゲートと超次元ゾーンとのリンクが外れても、それによってバトルゾーンを離れることはない。超次元ゾーンとのリンクに関してはリベレイトを参照。

その他

  • クロスギアやフォートレスなどと同様に除去する手段が少なく、対処しづらい。
  • これによって出てくるサイキック・クリーチャーはコストを支払って出てくるため、コスト踏み倒しを規制するカードに対して耐性がある。
  • 一方、基本的に超次元呪文などで呼び出すよりコストが高く、条件を満たさなければサイキック・クリーチャーを出すことが出来ないため、サイキック・クリーチャーを出す場合、それらのカードに比べコストパフォーマンスが悪い。
作者:123

関連


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|