《偽りの名 ハイランダー》

偽りの名(コードネーム) ハイランダー VR 闇/自然文明 (7)
クリーチャー:アンノウン 8000
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■各プレイヤーは、バトルゾーン及び自身の墓地またはマナゾーンにあるクリーチャーと
同じ名前のクリーチャーをバトルゾーンに出す時、代わりに持ち主の墓地に置かれる。
■各プレイヤーは、自身の墓地またはマナゾーンにある呪文と同じ名前の呪文を唱える時、
代わりに、その呪文は効果を失い、持ち主の墓地に置かれる。
■W・ブレイカー
作者:808
闇/自然のアンノウン。ハイランダーの鬼2号(1号は本家の《黒神龍アマデウス》)。
その名の通りハイランダールールが強制執行されますが、元からハイランダーであればデメリットはないです。
墓地に置かれる、とありますが、実際に墓地に置かれる機会はあまりないと思われます
(墓地に置かれると分かっててプレイする場面はそうはないので)。
とはいえ、足止め性能はなかなかに高い為、一気に勝負を決めるのがいいかと思われます。


フレーバーテキスト

「そいつはもう見た。早く次の手を見せてくれ。」 ---偽りの名 ハイランダー

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|