アクター

【種族名】 アクター
【文明】 全ての文明に存在
【命名ルール】 特になし(映画・演劇関連の名前)
【多種族冠詞】 (未定)
【進化冠詞】 「〇〇の殿堂~」(〇〇は漢字、~は映画・演劇関連の名前)
作者:808

詳しくは以下。無駄に長いです。

巡霊者オードリー C 光文明 (5)
クリーチャー:コスモ・ウォーカー/アクター 5500
ナリキリ・ストライク3(自分のクリーチャーが攻撃してブロックされなかった時、
自分のマナゾーンにカードが3枚以上あり、その攻撃中に「ナリキリ・ストライク」能力を使っていなかった場合、
そのクリーチャーを自分の山札の一番下に置き、このアクターをバトルゾーンにタップして出してもよい)
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップする。

吸血卿デス・ヴェラルゴ C 闇文明 (3)
クリーチャー:ダークロード/アクター 4000
オーバーリアクション-このクリーチャーが「オーバーリアクション」の効果以外で破壊された時、
このクリーチャーを自分の墓地からバトルゾーンに出す。その後、このクリーチャーを破壊する。

アクア・ベンチュラ C 水文明 (3)
クリーチャー:リキッド・ピープル/アクター 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分はカードを1枚引いてもよい。
オーバーリアクション-このクリーチャーが「オーバーリアクション」の効果以外で
バトルゾーンから自分の手札に戻された時、このクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出す。
その後、このクリーチャーをバトルゾーンから自分の手札に戻す。

魅惑の殿堂ヘップバーン SR 光文明 (5)
進化クリーチャー:コスモ・ウォーカー/アクター 9000
進化-自分のアクター1体の上に置く。
ナリキリ・ストライク4(自分のクリーチャーが攻撃してブロックされなかった時、
自分のマナゾーンにカードが4枚以上あり、その攻撃中に「ナリキリ・ストライク」能力を使っていなかった場合、
そのクリーチャーを自分の山札の一番下に置き、このアクターをバトルゾーンにタップして出してもよい)
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーをすべてタップする。
W・ブレイカー

DMR2-??「王国編 第2章 銀幕のトップスタア!!」?で登場した特殊種族。
命名ルールは特に無いですが、その名の通り映画や演劇に関連する名前が多いです。
進化クリーチャーも存在し、それらのクリーチャーは
「〇〇の殿堂~」(〇〇は漢字、~は映画・演劇関連の名前)といった形になります。
クロスギアのサーカス、呪文のマジシャンに続き、この種族は自身が「ナリキリ・ストライク」で飛び出してきたり、
「オーバーリアクション」でcipやpig、破壊時誘発能力を何度も発動させたりします。全ての文明に存在します。
ナリキリ・ストライクはM:TGの忍術をベースとしています。
オーバーリアクションは《ミスト・リエス》、《クズトレイン》等と相性が良いです。

背景ストーリー(仮)
  • 「種族」というより「組織」。しかし、娯楽戦国時代という背景もあって規模はかなり大きい。
  • かつてのシノビとは異なり、とにかく目立ち、多くの人気や支持を得る事を目的としている。
  • 演技に対する情熱は凄まじく、赤の他人に初見で完璧になりきったり(ナリキリ・ストライク)、
    退場の際も何かと目立とうとする(オーバーリアクション)。
  • アクターの殆どは普段から派手な衣装を着て、芝居がかった喋りをしている。
  • 舞台の上では繊細かつロマンチックな演技で、観客を魅了する。
  • サーカスやマジシャンとはあまり関わりがなかったが…?
  • これ以上はまた今度考えます。







評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|