《正拳王ジョゼ・ウィルバート》

正拳王ジョゼ・ウィルバート   P(SR)   光/水/火文明 (6)
クリーチャー:ロスト・クルセイダー  12000
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■JK進化―相手とジャンケンで勝敗を決める。自分が勝った場合、自分のクリーチャー1体の上に、このクリーチャーを置く。相手が勝った場合、このクリーチャーを自分の手札に戻す。
■このクリーチャーが攻撃する時、または破壊される時、相手とジャンケンで勝敗を決める。「グー」を出して自分が勝った場合、自分の山札のカードを上から3枚まで、自分のシールドに加える。「チョキ」を出して自分が勝った場合、このターンの終わりまで、自分のクリーチャーはバトルゾーンを離れない。「パー」を出して自分が勝った場合、このクリーチャーは相手のシールドを3枚までブレイクする。
■自分のシールドの数が相手以上であれば、自分がジャンケンをする時、「グー」「チョキ」「パー」のいずれか1つを言ってもよい。そうした場合、相手はそのジャンケンの時、その手を出すことが出来ない。
■T・ブレイカー
■自分の他の、名前に《正拳王ジョゼ・ウィルバート》とあるクリーチャーをバトルゾーンに出すことはできない。

世紀の微妙レア、ジョゼ・ウィルバートのリメイク(イラストと名前が個人的に好み)
ジャンケンで勝った時にようやく進化出来るというすこし面倒な手順を踏まえる。
その分、効果はなかなか強烈で、「グー」でインビンシブル・オーラ、「チョキ」で自軍無敵化、「パー」で3ブレイク。
擬似的な「ホーリー・フィールド」の効果は、ジャンケンをする際に、相手の出せる手を2つにしてしまうという卑怯じみたもの。
「チョキ」を封じれば、「グー」「パー」しか出せないわけで、「パー」を出し続ければ負けはなし。相手としてはむざむざ負けに行くか、「パー」が出た時の効果を累積されながら、あいこを重ねるかの2択を迫れます。
ここからシャバダバドゥーにつなげると、凄まじいオーバーキルが楽しめます。

作者:仙人掌

フレーバーテキスト

我が5本の指は、5つの文明を握るためにあるのだ。 ―正拳王ジョゼ・ウィルバート

収録


評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|