サード・デュエル・マスターズ

切札初那が送る新たなDMシリーズ。通称「3DM」。
本家のデュエル・マスターズを初代とするならば、ニュー・デュエル・マスターズは2作目、サード・デュエル・マスターズは3作目となることからこのタイトルになった。

シンボルはすべて「3D」。その名の通り拡張パックや構築済みデッキの外袋にある縦置きフィールドによって、立体感のあるデュエルが可能になった。また、レアリティに3Dレアも登場した。

多くの新システムが採用されており、今までのルールとは一線を画する。テーマである縦置き可能な3D要素による戦術の他、AP(アタックパワー)、BP(ブロックパワー)、HP(ヒットパワー)などがクリーチャーに加えられ、文明が更に細分化された「属性」が登場した。これらの属性は、マナゾーンで属性マナを3Dタップして使うことができる。

因みにAPは攻撃のパワー、BPはブロックする時のパワー。攻撃される時は、APとBPを足した数がパワーとなる。強制バトルの場合、APとBPのどちらかを選ぶことができる。HPは破壊される時のダメージに耐えられる数。

バトルゾーンのフィールドシステムも一新されており、前衛と後衛、地上と空中が追加され、ITEMゾーンに続きコマンドゾーンも登場し、複数のクリーチャーの一騎打ちも可能になっていく。また、レベルシステムやストーリーモードも搭載されるようになり、性格が登場して同じカードでもその性格が違っていれば差別化できるようになる。

以下が3DMで登場するカードの例である。


ボルメテウス・ボルシャ・ドラゴン 火文明炎属性 P (6) (3F)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン3D 6000+/2000/3
陸・空 EXP:30 暗闇を火で照らす
■W・ブレイカー
■このクリーチャーは前衛にいる時、自分の墓地にある火のカード1枚につきAPを+2000する
■このクリーチャーが攻撃または潜入する時、自分のシールドを1枚墓地に置いてもよい。そうしたら、相手のパワーが一番大きいクリーチャーを1体破壊し、それよりパワーが小さい前衛クリーチャーをすべて破壊する。こうして破壊したクリーチャー1体につき、このクリーチャーの経験値を5上げる。

(名前) (文明、属性) (レアリティ) (コスト) (属性コスト)
カードタイプ:種族 AP/BP/HP
(活動範囲) (経験値) (役割スキル)
■(能力)


作者:切札初那

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|