ロック・ゲート > アブソリュート・フィールド

新しいカードタイプ。ロック・ゲート(以下ゲート)の面とアブソリュート・フィールド(以下フィールド)の両面カード。
両面カードだがデッキ40枚のうちの1枚として数えられる。
ドキンダムXのように各プレイヤー1枚しか展開できない。
デッキに4枚入れることもできるがマナの概念がないため場には出せない。
ゲートには文明がなく、ゼロ文明にも当てはまらない。フィールドにはある。
ゲーム開始時に1枚、ゲート面を向けてバトルゾーンに出し、条件を満たしたときに裏返す(解門)。
解門のシンボルは鍵のような形。

全てのカードが「このカードはバトルゾーンを離れない。」を持つ。

命名ルールはゲート側が《○○の「門」》、フィールド側は特殊勝利・敗北を持つカードに「終わりに関する言葉」が付く。

一例の「門」(サンプル・ゲート) P
ロック・ゲート
このカードはバトルゾーンを離れない。
解門
◇m:バトルゾーンにクリーチャーを出したとき、開門する。
作者:アズライト

↓解門

サンプル・バトルフィールド P 火
アブソリュート・フィールド
このカードはバトルゾーンを離れない。
■自分のクリーチャー全てのパワーは+1000される。
作者:アズライト

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|