《争いの林檎》

争いの林檎(エリーズ・シード) UC 自然文明 (6)
呪文
■バトルゾーンにあるクリーチャーを2体選び、そのクリーチャー同士をバトルさせる。
その後、バトルに勝ったクリーチャーを持ち主のマナゾーンに置く。
作者:minmin

元ネタはギリシャ神話に出てくる不和と争いの女神・エリスが女神たちの集う結婚式に投げ入れた黄金のリンゴ。
リンゴには「最も美しい女神へ」と書かれており、これを読んだ女神たちが争い合い、トロイ戦争のきっかけを作ったとされている。

自然版《キサナティック・X》。
基本的には相手クリーチャーを2体選んで同士討ちさせて使われる。
バトルに負けたクリーチャーは墓地へ、勝ったクリーチャーはマナゾーンへ移動するので、確実に2体除去できる。
なお、デュエル・マスターズでは、引き分けはどちらも負けとなるので、同じパワーのクリーチャーをバトルさせてもマナには送られない。

フレーバーテキスト

闇のアイドルたちも、何も初めから仲が悪かったわけではない。
ユニットを組み、互いに競い合い、力を合わせて高みを目指していたのだ。
あのリンゴが投げ入れられるまでは……。

(MC版)
いつもライブ見ています!
今日のライブも最高でした!
ステージに立つ貴女の姿は、他の誰よりも美しく輝いて見えました!
次のライブも頑張ってください!
貴女の一番のファンより---『差出人不明』

関連

《キサナティック・X》

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|