《擬龍兵 デュランダル》

擬龍兵 デュランダル SR 火文明 (8)
クリーチャー:ドラゴニュート 11000
■龍化―自分の火のクリーチャー1体の上に置いてもよい。クリーチャーが下にあれば、このクリーチャーは進化クリーチャーとして扱われ、種族にアーマード・ドラゴンを追加する。
■ライド・オン―各ターンの終わりに、そのターン、自分がコスト5以上のドライブ・バードをバトルゾーンに出していれば、手札にあるこのクリーチャーを、バトルゾーンにある自分の火のクリーチャー1体の上に重ねてもよい。
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出たターン、このクリーチャーの下にカードが1枚もなければ、このクリーチャーは「スピードアタッカー」を得る。
■メテオバーン―このクリーチャーがターン中はじめて攻撃した時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のマナゾーンにあるカードを1枚選んで持ち主の墓地に置き、このクリーチャーをアンタップする。
作者:ザ=ガーン

フレーバーテキスト



DMDC-02「探偵編 第2章 追跡!バラバラ・ジャック!〜黄の探偵と黒の仁義!〜」収録のドラゴニュート龍化を持つ「擬龍兵」の1体であり、メテオバーンによってランデスと二回攻撃ができます。

さらにドラゴニュートたちが編み出した新能力ライド・オンにより、各ターンの終わりに、そのターンコスト5以上のドライブ・バードをバトルゾーンに出していれば、手札から直接龍化して踏み倒せます。
なるべくなら相手のターンの終わりに出して、返しのターンで連続攻撃を決めたいですね。

評価

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|