DMW-16 「レジェンス編III ソワル大革命」


レジェンス編」の第3弾。
テーマはビートダウン、引き続きドロマーとデアリガズ。

DMW-15と同様に、新規キーワード能力が登場しない。

story

《大霊竜 ライジング・サン・ドラゴン》の誕生は、4大国の間に衝撃を走らせる出来事だった。
ビガ国とブローウィン国が結託し、組織した【エクス・マキナ】は、確かにライジング・サン・ドラゴンの研究を重ねていた。しかし、覚醒リンクの構造の複雑さに、完全な誕生までは届かずにいたのだ。
なので、当の【エクス・マキナ】も困惑の色を隠せない。
しかしこれを【エクス・マキナ】による動乱であると判断したレジェンス国は、緊急に各文明のドラゴン軍を出撃させる。
研究被検体を壊されたくない【エクス・マキナ】、そしてドラゴンで結成された【ドラグーンメイソン】。熾烈な戦いは、しかしそう長く続かなかった。【ドラグーンメイソン】を纏めあげる総帥《竜獅子の総帥ガイギアズ・デイナー》の号令のもと、闇・火・自然の勇敢な竜が覚醒リンクを果たし《DM大将軍 ガイギアズ・VORTEX》が降臨したのである。VORTEXはサン・ドラゴンを葬ることに成功し、この争いは一時終結した。
レジェンス国と【エクス・マキナ】間で、責任問題などについての言及が行われることになる。4大国としてはこれより火力に頼る戦争は休息し、言論による政裁が主となる意向を示していた。
そんな世界情勢の中、唯一黙視していたソワル国が突然の挙兵。ソワル国の誇り高き最高官僚《豪華絢爛 ソワル・ジュリアンナ》が、【ドラグーンメイソン】――否、レジェンスという国そのものへと謎の攻撃を仕掛けたのであった。のちに「ソワル大革命」と呼ばれるこの行動は正解か、それとも誤解か。


収録カード

ビクトリー1種類


スーパーレア5種類


ベリーレア5種類


レア15種類


アンコモン14種類


コモン20種類


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|