DMW-18 「アルケミア編I 錬金なる命」




  • 新要素「」が登場。

  • バトルゾーンを離れた時に後続をサーチする「サバイバル」サイクル、署名を持つ呪文サイクル、簡易サーチ呪文の「転送コード」サイクル、スーパーレアを参照する「チェイン」呪文サイクル、のあるエンジェル・コマンドサイクル、に関係する効果を持つ「星団」サイクル、のあるクリーチャーの召喚コストを下げる「星館」サイクルがある。

story

4大国戦争――「レジェンス危機」や「破滅の具現」など、様々な名で語られたこの星最後の大戦。
それにより、この星<レオン・アース>は厚い積雪に覆われた、白銀にして無の世界となっていた。
……そこへ近づく謎の飛行物体。一機や二機ではなく、ひとつの小さな軍体となって現れたそれは、またたくまに地上に降り立った。この星の生命はいずれ息絶える、という確信のもと、『再び』この星を訪れたのだ。
この種族はユーフォリック・エッグ。彼らは地上に高度な技術を備えた「都」を創造し、その技術は<レオン・アース>の生き物たちを実験的に再生させた。この星を、自分たちの作り出す生命体で再生し、管理しようという魂胆だ。
どのような施術をすれば効率よく地表を支配できるか、自然を蘇生できるか……そんな研究が日夜続けられる中、天地鳴動する轟音とともに、異次元の魔導士集団『魔法踵(まほうしょう)』が現れる。『魔法踵』はこの地上を独占せんがため、ユーフォリック・エッグを追い払い、彼らが再生した地上をその都もろとも奪い取ることにしたのだ。
ユーフォリック・エッグは撃退され、都は『魔法踵』に占拠される。『魔法踵』はユーフォリック・エッグの築いた、生命再生のためのこの都を<アルケミア>と名づけ、わが庭としたのだった。
そんな中、開かれたままの異次元の扉は、数多の生命体と、――新たな軍勢を呼び寄せた。龍の血を引く武者軍団「竜星院」である。
魔法によるレオン・アース独占を企む『魔法踵』。反撃に出るユーフォリック・エッグ。悪を断たんと魔法踵に襲い掛かる『竜星院』。三様の星の巡りは、アルケミア戦争となって幕開けた。


収録カード

スーパーレア10種類


ベリーレア10種類


レア30種類


アンコモン30種類


コモン40種類



関連




蒼神龍dwi
爆裂vcf
大巨匠doc
wavクロウラー
悪魔神htm
exeドラゴン
緑神龍xls
邪眼偽書txt
acgクラスター
kefボーカル
jpgワイバーン
屑笑うahy
アクアzip
rarドラグーン
拡張兵url
jamバイパー

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|