《リベンジ・ヴォルグ》

リベンジ・ヴォルグ  ≡V≡  自然文明 (7)
サイキック・クリーチャー:エメラルド・モンスター/ハンター 5000
W・ソウル
リベンジ・チャンス-各ターンの終わりに、相手がそのターン、サイキック・クリーチャーを2体以上バトルゾーンに出していた場合、バトルゾーンに自分の《リベンジ・ヴォルグ》が1体もなければ、このクリーチャーを自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
■自分のターンのはじめに、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置いてもよい。そうした場合、相手のマナゾーンから進化ではないクリーチャーを1体選び、相手はこれをバトルゾーンに出す。
《ブリッツ・ワイバーン》と覚醒リンク後⇒《電光石火ケーニッヒ・ヴォルバーン》

フレーバーテキスト


収録


リベンジ・チャンスによる超次元ゾーンからの呼び出しと、cipに《父なる大地》を内蔵したサイキック・クリーチャー
・・・だったのだが、よくよく考えると超次元からのリベンジチャンスは条件をクリアすると一気に4体も並べられてしまう為、いくつか修正がl加えられた。

2012-02-27修正
リベンジチャンスで出せる数に1体制限と、除去のタイミングをcip⇒ターン開始時に変更

作者:焼きナスオ

評価

  • cip除去が強いですね。リベンジチャンスを考えずに父なる大地効果だけを見ても、かなりの汎用性があります -- 赤烏 (2012-02-16 16:39:49)
  • ありがとうございます。相手にバレる事前提なリベンジチャンスなので、なにかしらプレッシャーになるようなcipがいいかなぁ~と考えた挙句、最近お気に入りの父なるをそのまま載せてみました。 -- 焼きナスオ (2012-02-16 19:58:18)
名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|