噴襲編

キーショット制作の「噴襲編」は虐げられていたクリーチャー達が未来から来た《次世代支配者ザキ》と共に現代に復讐を誓う物語。
物語はDM-30の途中から始まる。
このシリーズに該当するのは、

クーデターの幕開けとなる、

サイキック・クリーチャーと未来のネクサスを率いて戻ってきたザキ達との死闘が展開される、

未来への穴があき大量のネクサスが流れ込んでしまい、ついに白騎士と死神が手を組んだ、

最終決戦が開始されるる、

背景ストーリー

世界には「お前皆と違うよな。」と言われ、虐げられる者たち、虐げる者たちがいる。そう、クリーチャーワールドでも。
各種族に生まれた「進化しすぎたクリーチャー」達。その者達もやはり同族に虐げられていたのであった。そのクリーチャー達は苦しみ続けていた。他の者たちは戦国武闘会で楽しそうに闘っているのに、自分たちは参加できないというのに・・・。
時は流れ、戦国武闘会会場から謎の爆発音が聞こえ、皆そこへと向かった。
そこにはクレーターができており、謎の球体から出てきた闇の魔人が《闘龍鬼ジャック・ライドウ》を片手で締め殺していた。その闇の魔人、《次世代支配者ザキ》は皆に叫んだ。

「この時代で虐げられている者はいないか?進化しすぎてしまい苦しんでいる者はいないか?それは違うぞ!周りが時代遅れなだけだ!共に壊そうではないか!この腐った世界を!共に行こうではないか!輝く次世代に!」

その高らかな宣言により、虐げられていたクリーチャー達は今までため込んでいた怒りを爆発させネクサスへと進化し、戦国武闘会会場も中断するほどの怒号とともに暴れ出したのであった・・・。そう、革命の始まりだ。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|