DMT-03 「聖郷編 第3弾 末裔たちの郷愁(エターナル・ノスタルジア)」


勢いは止まらず、早速作ってしまったエキスパンション。

全体的に派手なスーパーレアが多く、特に《大神砕ザラガ》はとてつもないフィニッシュ力を持つ。

パッケージイラストは《救われし虚空 フォルミーラ》

新たな種族としてエボが登場した。

story

「邪の石…。」
それが何か分からないまま、テーメノンはとある行き付けの喫茶店にいた。
誰に聞いても、邪の石の手掛かりは見つからなかった。
すると、その喫茶店にいた老人が呟いた。
「お主は、邪の石を探しているのか?」
「あなたは?」
「わしは幸福の仙人、ハピネス斎である。」
「私はテーメノンです。」テーメノンは、そのハピネス斎としばらく話をしていた。
ハピネス斎の話の中で、少し気になる内容があった。それは、ドラゴノイド竜族の謎だった。
それは昔、ドラゴノイドの狂った王が竜族を圧倒的武力で支配下に置いたのだった。そして今もまだ、その王の子孫が残っているのだ。
「ラングマルス…。」
テーメノンがそう言った瞬間、外で大きな音がした。

そこには狂暴化したラングマルスがいた。
「何万年もの月日の中で、我らドラゴノイド族はさらなる力を手に入れたのだ!」
ラングマルスは町の人々を食い殺している。
「やめろ、ラングマルス。本能に負けては駄目だ!」
「ラングマルス?何のことだ。俺はラングパルサーだ。」
テーメノンは決心した。
「すまない、ラングマルス。お前はもうラングマルスではないのだ。善の心を持つ者として、今ここでお前を倒す!」
強くなったテーメノンは、ラングマルスを一瞬で倒した。
しかし、エンドレスを倒すためには「覚醒の力」が必要なのだ。
テーメノンはハピネス斎に頼み込んだ。さらに強くなるために。
こうして、テーメノンの新たな修行が始まる。

収録カード

ビクトリー1種類


スーパーレア5種類


ベリーレア5種類


レア15種類


アンコモン15種類


コモン20種類


名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|