※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

肉質 耐久値
部位 打撃 部位 怯み 気絶
65 30 10 0 25 15 180 100
首/背中 25 5 5 0 5 10 首/背中 200 0
25 10 0 0 5 5 200 0
30 30 5 0 25 10 左180/右180 0
前足 30 15 0 0 10 5 前足 200 0
後足 35 10 5 0 5 0 後足 左160/右160 0
尻尾 40 15 0 0 10 5 尻尾 200 0
※前足と翼は同じ様に見えるが別々の部位である。
叩きつけを当てた時に前足に吸われる可能性があるので注意した方が良い。

攻略

『氷牙竜』のあだ名を持つ飛竜。『凍土の白騎士』と呼ばれることもある。素材から作れる片手剣のビジュアルが某謙虚なナイトの愛刀にそっくりということもあってか、ある界隈のハンター達に人気のモンスターだったりもする。しかし動きはどう見ても忍者
ナルガクルガの近縁種であり体型や身体的特徴が非常によく似ている(所謂「ティガ骨格」という奴である)が、モーションの癖などが大きく異なるので、基本的には全く別のモンスターであると認識した方がいい。

リオレイアやナルガクルガを初めとした多くの飛竜と違い、素直に振り向いてくれないのが特徴のモンスター。一段目の90度旋回からいきなりハンターの側面に回り込んできたり、そもそも旋回行動を取らずにタックルやバックステッポを使ってきたりするので、振り向き狙いで立ちまわるのはかなり厳しい。無理に狙うよりはそこそこ打撃肉質が柔らかい尻尾をガツガツ殴ってた方がおそらく効率的だと思われる。
頭を狙えるのはショルダータックルやブレス、尻尾振りの後。ショルダータックルの隙は特に大きく、余裕を持って後方攻撃や叩きつけをお見舞いできる。他の二つは右ぶん回しを当てる程度でやめておくのが無難。下手に追撃すると逆にハメ殺されることもある。
ちなみに、笛の抜刀速度ならば上空からの強襲をベリオの影の方に向かって歩くだけで回避できたりする。さすがに壁キックはタイミングよく転がらないと避けられないが。

翼から生えているスパイクをへし折ると、回り込みの際に滑って隙を晒すようになる。
叩きつけや後方攻撃を当てるチャンスになるので、ベリオの動きに慣れていない内は先に翼を破壊した方がいいだろう。
属性がよく通る部位なので、火か雷の笛を担いでいけば割と簡単に壊すことができる。

攻略(簡略化)

  • 振り向きを狙うのはかなり厳しい。相手の攻撃の隙に合わせて頭を殴れ!!!11
  • 翼を壊すと弱体化するぞ
  • 部位破壊などでのひるみの後は高確率で目の前に踏み込み噛み付きなので注意。

推奨武器(下位)

ヘビィバグパイプ
耐雪・聴覚保護・寒さ無効など、対ベリオ戦に役立つ旋律がひと通り揃っている。
トランクルペッコ
ヘヴィバグパイプと似た旋律を持っている。寒さ無効は吹けないが、その代わりにベリオの弱点である火属性を有しているのが売り。
ヴァルキリコーダー改
村クエから進めているなら上記2笛より早く作成可能な火属性笛。トランクルペッコより高い火属性を持つ。
耐雪、聴覚保護の旋律が無いが、氷耐性上昇&やられ無効の旋律を持つ。ベリオの攻撃では尻尾攻撃が氷属性を持つ。
作成にはレイアの逆鱗がネックだが3頭クエを回せれば入手はそこまで難しくない。

推奨武器(上位)

フォルティッシモ
ヘヴィバグパイプの最終強化形態。相変わらずベリオ戦では一騎当千の働きをしてくれる。勿論、旋律が同じ「轟鼓【虎鐘】」や「ヤミノヒツギ」を担いでも全く問題はない。自分の好きな笛を担いで存分にFUEEEEEEEEEするといいだろう。
フレイムエリオーネ
非常に高い火属性を有している笛。フォルティッシモほど汎用性のある旋律は持っていないが、ダメージディーラーとして輝ける可能性を秘めている。


  • 動画で比較的柔らかい尻尾を叩く戦術が紹介されてたね -- 名無しさん (2011-05-15 20:45:33)
  • だからヘヴィじゃなくてヘビィだつってんだろ!! -- 名無しさん (2012-10-19 01:18:03)
名前:
コメント: