運命の双子


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「――そして…女神が舞い降りたる地は……」

後の世に楽園と謳われる詩情溢れるアルカディアの山々
(And then... the place to which the sisters descend is.......
The scenic mountains of Arcadia, which later became known to all as Paradeisos.)

暮れ泥む秋の日の憧憬――
其れは…未だ世界の悪意を識らぬ幼子の戯れ…
(The spectacle of the autumn twilight, like a playing child who has yet to discover the world's malice......)

――そして…季節は廻り…
運命の歯車は再び…静かに廻り始める……
(――And...as the Chronos is woven...
The cogwheel gently starts to revolve again......)

二度と還らざる 淡き少年の日々
空を翔る鳥は何処までも 飛べると信じてた

やがて振り返る 淡き少女の日々
水に映る月を何時の日か 取れると信じてた

生まれたときから一緒だった
優しい父と 美しい母と
そんな日々が何時までも 続いてゆくと信じてた

運命(ミラ)に抗う者と 運命(かのじょ)を受け入れる者
嗚呼…運命(かみ)を殺める者と 運命(さだめ)に捧げられる者

野山を駈け廻った 流れる雲追いかけて
夕暮れに漂う匂いに 二人は家路を競った……
戻れない Διδυμι(Didymoi)

狡猾な蠍の影…
(The cunning scorpion's shadow...)

「探したぞ、ポリュデウケス…」
「スコルピオス殿下!?」 
「アルカディアの双璧と謳われた勇者がこんな山奥で隠遁生活とは…。貴様、何故剣を捨てた?」
「野心家の貴方にお話したところで、…ご理解頂けないでしょうな。」
「ただいまお父さん!」
「ただいまお母さん!…ぁ。」
「ほほぅ…。捕らえろ!!」
「敵だ!子供達を連れて逃げなさい!」
「エレフ、ミーシャ!こっちよ!」

「ラコニア軍は既に掌握した。…ポリュデウケス、私の元で働け!」
「…断る、と申し上げたら?」
「ならば冥府の王にでも仕えるのだな…!」

廻り始めた歯車は誰にも止められない……
(once it starts, nobody can stop the revolving cogwheel......)