奴隷市場


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

…(ガタゴト)ほら 荷馬車が揺れりゃ
…(ガクブル)そら 老婆(ババァ)も《吃驚し怖れ慄く》(ビビる)

帰りたいのに 言えない 
帰りたくとも 家無い

…(ビシバシ)ほら 馬鞭が撓なりゃ
…(ガクブル)そら 老爺(ジジィ)も《挙動不審になる》(キョドる)

帰りたいのに 言えない 
帰りたくとも 家無い

回る回る 車輪は廻る 運命(ミラ)は彼等を何処へ運ぶ
背中合わせの温もりだけが 双りに灯る唯一の希望(エルピーザ)(Ελπισα)……

「…ほら?」
「ほら急げ!この無駄飯食い共が!」
「ほれほれ!止まってるんじゃねえ!」

重い足取りで 
何処へ 何処へ 彼等は何処へ向かって行くのかしら?
(kapou, kapou, pigaino kapou? カプ カプ ピイェヌン カプ ?)

念おもいは届かず
何故 何故 彼等は何故に行かなければならないのかしら?
(giati, giati, prepei na pate? ギァティ ギァティ プレピ ナ パテ ?)

疲れた身体で
何処へ 何処へ 彼等は何処へ向かって行くのかしら?
(kapou, kapou, pigaino kapou? カプ カプ ピイェヌン カプ ?)

運命だからと
何故 何故 彼等は何故に行かなければならないのかしら?
(giati, giati, prepei na pate? ギァティ ギァティ プレピ ナ パテ ?)

平等なんて嘘なの? 幻想なの?
命に値段をつけられる場所
其れが奴隷市場 奴隷市場 奴隷市場……

「ほれ、急げ!」
「おい!」 
「ほれほれ!」
「うっ…ミーシャ…」
「うん…」
「うわっ」
「モタモタするんじゃない!」 
「わっ…!」
「チッ」
「ミーシャ…」
「エレフ…」

離れ離れ 繋いだ手と手 
遥か遥か 引き裂かれて
巡る巡る 季節は廻る 

運命(ミラ)は双りを何処へ運び
今は見えざる歴史の涯(はて)に
舞い降りるのは誰の光……