※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ちゅ……んちゅ……」

カーテン越しに、西日が差し込み始めている俺の部屋。
口づけの音だけが、静かに響いていた。

こうやってふたばと唇を重ねるのはいったい何度目だろう。
初めてのキス。二度目。三度目。最初はそうやって数えていた。
けれども、合うたびにキスするようになってからは、そうすることもなくなった。
現に、今だって……。

「ちゅむ……ぷは、はぁ、はぁ、ちゅぅ……」

お互いに息苦しくなって、唇をいったん離す。
だけど、苦しげなふたばの顔がいとしくなって、またすぐに唇をついばんでしまう。
こんな調子だから、回数なんてもう数える意味もない。
俺って少しサドなのかな、と思う。

「ぷはっ…しんちゃん、苦しいよぅ」

「嫌だったか?」

「嫌じゃ、ないけど…しんちゃんは、欲張りさんだなぁって」

「キスしてやらないと拗ねるくせに」

「優しさの問題っス」

そう言って、ふたばは俺のベッドに登ると、こちらに背を向けて寝ころんだ。
この仕草は、添い寝してほしい、のサインだ。まったく、欲張りはどっちだよ。

ベッドの上でふたばに寄り添うと、ふたばの耳元で「ごめん、悪かったよ」とささやく。
いつもなら、こうするとくるりとこちらを向いて、抱きついてくるんだけど…。

「…ほんとは欲張りさんのくせに、ガマンしてるっス」

「えっ?」

「小生の裸、見たいくせに…おっぱい、触りたいくせに…」

「い、いや、別にそんな」

「さっきしんちゃんがトイレに行った時、見ちゃった。隠してあった、えっちな本」

「!?」

「小生そっくりのお姉さんが、裸で、いろんなことしてる本…」

「あ、あれは……」

言い逃れできない。千葉からもらった本だった。
普通ならお宝本をやると言われても断るのだが…。
その本に載っているモデルは、ふたばによく似ていた。本人でも気付くほど。
それで、その本には、その…しばしばお世話になっていたわけだ。

「…ごめん…」

「謝らなくていいっスよ、しんちゃん」

こちらを振り向いたふたばの瞳にはうっすら涙が浮かんでいた。

「しんちゃんは、小生にそういうことしたら嫌がるって思ったから…ガマンしてたんでしょ?」  

「う、うん…」

「優しいね。しんちゃんは」

「いや、そんな…それに、俺たちには、まだ…」

「………」

「早いと、思うし、さ…」

「………」

だめだ。ふたばにじっと目を見つめられてしまった。
口で言っていることと、頭の中で渦巻いていることのズレを、見透かすような眼差し。

「しんちゃん…ガマンしなくて、いいよ…」

「ふたば……」

「だって、だいすきだもん…いっしょに、気持ちよくなりたい…」

「………ほんとに、いいのか?」

「うん…」

あとはもう、言葉はいらなかった。
俺はもう一度、ふたばに口づけした。
初めてのときのように、やさしく、丁寧に。

   ・
   ・
   ・
   ・


「ひゃん、くすぐったい」

ふたばと俺の背は同じくらい。お互いの乳首をこすり合わせてみる。
別に二人とも素っ裸になる必要はないよな…と今になって気付くが、今さら服を着るわけにもいかない。

「あ、しんちゃんのおちんちん…かたくなってるね」

「…あたるの、嫌か?」

「ううん。小生のこと好きでかたくなってるんだもんね。うれしいよ」

「ふたば…」

「ひゃっ、しんちゃん、それは…うぁ…」

かわいい。かわいすぎる。たまらなくなって、俺はふたばの乳首にむしゃぶりつく。

「赤ちゃん、みたい…」

そう言われて頭を撫でられると、ほんとに赤ん坊になったような気分だ。
しばらく乳首をすったり、舐めたりし続ける。
ふたばが微かにもらす声が、甘く、けだるいものになっていく。

「ぁふ…んぅ…」

そのまま乳房から下のほうへ、舌をずらしていく。
お腹。かわいい臍。そして…。

「あ、しんちゃん、そこは…汚い、よ…?」

「だいじょうぶ。かわいいし、汚くなんか、ない」

うっすらと綺麗に生えた毛の下にある割れ目を、舌でなぞる。
独特の匂いと味に一瞬たじろぐが、ここでやめたらふたばが傷つくと思って、必死に舌を動かす。

「ぁ…変な感じ、してきた…」

これをこのまま続ければ、ふたばは「イく」のだろうか。
いやそれとも、胸を揉んであげたほうがよかったかな。
そうして、よく濡れたところに、俺のものを挿入して…。
ほんとにそんなことが、できるんだろうか?
なんだか、お宝本に書いてあったように上手くはいかないように思えた。

だんだん舌が疲れてきた。息も苦しい。

「だ、だめだ…」

「しんちゃん…無理しないでいいよ?」

「ごめん…」

「あやまりっこなしだよ。次は小生の番だもん」

そう言うと、ふたばは獲物に飛びつく前の猫みたいにお尻を突き出して、俺の股間を見つめた。

「まだ元気かな…あ、ツンって匂いがするね」

「ふたば、まさか…う、うあっ!?」

ふたばは俺のものを舐め始めていた。全身が快感で鳥肌立つ。

「れる…ちょっと、しょっぱいかな…?あ、噛んだりはしないからね」

「そうじゃ、なく、て、うあ……」

自分でする時とは比較にならない気持ちよさだった。やばい。どんどん硬くなってく。

「く、くわえる、ね……あむっ」

「う、うん、でも、あんまり、もたないかも…」

「ほむ?」

ふたばの口の中の熱さと、巻き付いてくる舌の感触。
それだけですでに限界に達しそうだ。
おまけに、ふたばは不思議そうに上目遣いで見てきて、その表情も俺に拍車をかける。

「で、出そう…」

とっさにふたばの口を引き離そうとするが、ふたばはイヤイヤと頭を振って、離さない。

「…本気かよ…」

ふたばはやさしく目を細めて、いいよ、という顔をした。
そして、口をきゅっとすぼめて、俺のものをきつく吸い上げる。

「う、ああっ、ああああっ!?」

限界突破。頭の中で、白い光がはじける。
今まで出したことのないような量の精液が、ふたばの口の中にどくどくと放たれていく。

「ふた、ば……」

快楽の引き潮とともに、俺はガクッと崩れ落ちた。

   ・
   ・
   ・
   ・


窓の外はもう夕焼けで赤く色づいていた。
幸い、姉も親もまだ帰ってくる気配はない。

「…ふたば、ごめんな」

「?」

「俺ばっかり、気持ちよくなっちゃって…」

「気にしなくていいよ。たのしかったもん。それに、小生も反省点はあるっス」

「ふたばも?」

「さっきはびっくりして吐き出しちゃったけど、しんちゃんのせーえき、ほんとは飲んであげたかったの」

「そ、そこまでしなくてもいいんだよ」

「小生がしたいの。だから、しんちゃんも小生も、まだまだこれから練習してじょうずになるっス」

「うん…あのさ、一応、コンドームは、持ってたんだ…千葉から、もらったやつ」

「千葉氏はエログッズの収集にも余念がないんスね」

「そうじゃなくて、その…ほんとに、するときは、付けるから…あ、当たり前だけど…」

「……付けるって、どこに?」

「相変わらず性知識が中途半端だなお前は…」

「いいもん、この先しんちゃんにいろいろ教えてもらうからっ」

そう言って、まだ裸のままのふたばは俺に抱きついてくる。
こういう天然小悪魔なところも相変わらずだな、と思う。
何も焦ることなんかないんだ。ふたばの言うとおり、ゆっくり体と体で覚えていけばいい。
ただ、ふたばの親父さんには十分注意しないと…。三女もいろいろ目ざといし…。
そんなことを考えながら、このいとおしい女の子のちょんまげに、そっと口づけをした。

                                    おわり