※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「むふー」

「……ちょっと、ひとは。まだ買う気?」

デパートの小さな本屋。その特撮コーナーに私とひとはは居た。

一緒に来ていたパパとふたばは今ゲームセンターで遊んでいる。

今日は、なんでもパパにボーナスが入ったらしく、珍しく好きな物を一つ、買ってくれるらしい。

私は後から服を買ってもらう予定だ。

ふたばは特に欲しいモノがなかったから、ゲームセンターで遊んでいる。

そして、ひとはは、本屋で今まさに何を買うか迷っているみたいだった。

「みっちゃん……どっちがいいと思う?この『大解剖!!これがガチレンジャーだ!!』か『ガチレンジャー・怪人大図鑑』なんだけど……」

「知らないわよっ!!ていうか、早くしなさいよねっ!!私は早く服を見に行きたいんだからっ!!」

「むっ。じゃあ、行ってくればいいのに……」

「離れたら迷子になるじゃないっ!!この年になって迷子はいやよっ!」

「じゃあ、迷い豚ならいいの?」

「そうね。それならいいブヒーって、くらっ!!」

「ノリツッコミ下手だね」

「余計なお世話よっ!早く選びなさいよっ!」

「うんっ……」

ひとはは本に視線を戻す。

全く、そんなにあの本が欲しいのかしら?

いつも、そんなに悩まないで買うのに……。

そういえば……たまに、ひとはとは買い物に行くが悩んでいる姿は見たこと無い。

……よっぽど欲しいのかしら?

ひとははまだ悩んでいる。

最近の幼児向けの本は高いらしく、ひとはの予算的に一冊が限度だった。

「ガチレンジャーが好きなんだから、ガチレンジャーが載ってる方を買えばいいじゃない?」

「はぁ。わかってないなぁ。みっちゃんは。怪人だってガチレンジャーに出てるんだよ。しかも、レッドやピンクやブラックからパンチを受けて、その身体にガチレンジャーの証を刻まれているんだよ?羨ましいよ……」

そう語って、ひとはは光芒とした顔をする。

「……そう」

妹の新たな一面を見たみたいで、私は青くなった。

「……でも」

ひとはが口を開き、怪人大図鑑の方を棚に直す。

「やっぱりガチレンジャーが載ってる方を買うべきだよね」

悲しそうな顔で、ひとははレジに向かっていった。

どうやら、よっぽど欲しいらしい。

(……あぁもうっ!しょうがないわねっ!!)

私は走り出す。行く先はパパのいるゲームセンターだ。

ゲームセンターは同じ階にある。

ブティック店の角を曲がって、時計屋さんの角を曲がり、雑貨屋さんを通過すると、もう着いた。

パパとふたばは目立つので、早く見つけることが出来た。

「おぉ、なんだ。みつば。そんなに息切らして」

パパとふたばはパンチゲームをしていた。

「パパ、その、私の分のお金ちょうだい」

「お金?もう買ってくるのか?ひとははもう買ったか?」

「まだよっ、その……今から買うのっ!」

「そうなのか?まぁ、あまり遣いすぎるなよ」

パパは財布から英世を二枚取り出す。



「ほら」

「ありがと、パパっ」

お金を受け取って、また私は走った。

バキィッ!!

……背後から物凄い音がしたけど、気にしない。

……急いで戻ると、本屋の前で本を胸に抱いて、ひとはが立っていた。

「あ、みっちゃん、どこ行って……」

その言葉を無視して、私は特撮コーナーに向かう。

えぇと、さっきの怪人大図鑑は……あった!

一つ隙間の空いた、本棚にあるその本を掴み、レジに向かう。

全く、この私がこんな幼稚な本を買うなんてっ!

店員が値段を読み上げているのを聞いて、私はさっき貰ったお札を差し出す。

「ありがとうございましたー」


……清算を済ませて、私はひとはの居た所にまた戻った。

「んっ」

押しつけるようにひとはに買ってきた本を渡す。

「え?」

ひとはは驚いて、押しつけられている物を手に取る。

封を開いて、中身を見ると、ひとはは更に驚いていた。

「これ……どうしたの?」

「買ったのよっ、見ればわかるでしょ?」

「で、でも……これ、もしかして、みっちゃんが買う分の……」

「うるさいわねっ、私がいいって言ってるんだからいいの!ほら、行くわよっ!」

私は背中を向けて、パパとふたばのいるゲームセンターに向かう。

「あ、あの……みっちゃん」

「……なによ?」

歩きながら、話しかけてきたひとはに私は返事をする。

「……ありがとう」

そう言ったひとはをチラッと見ると、大事そうに本を抱えていた。

欲しい服は買えなかったけど……

(まぁ、たまには悪くないわね……)


不思議と、私はそう思えたのだった。


~おわり~