※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は今、とあるアパートの前にいる。

階段を登り、302号室のドアの前に立つ。

表札には『矢部』の文字。

ゆっくりとチャイムを押す。

「はーい」

と懐かしい声が聞こえた。

ドアが開く。

ドアの向こうにいたのは間違いなく、私の担任だった矢部先生。

「あれっ、ひとはちゃん?久しぶり!」

先生は、なにも変わっていなかった。

「……チクビに、会いにきました」

「そう。どうぞ、上がって」


先生の部屋は相変わらず汚い。

そこら中にエッチ本が落ちているし、きっとゴキブリも……嫌なことを思い出してしまった。

「チクビ、ひとはちゃんが来たよ」

先生の言葉に反応して、チクビが巣から顔を出した。

私の顔を見た途端、チクビはゲージに張り付いて大喜びした。

「長生きだよねぇ」

「意外としっかり世話してたんですね」

「意外とって……」

「おいで、チクビ」

チクビを呼ぶと、手のひらに乗ってくる。

久しぶりにしっぽをいじると、チクビは気持よさそうに鳴いた。

「チクビ……」


チクビと戯れた後、私は先生と話をしていた。

「中2から、学校行ってなかったんだ」

「……はい」

「今は何してるの?」

「高校に通ってます。通信制ですけど」

「そっか。元気そうでよかったよ」

「先生はどうですか?」

「えっ?」

「彼女、できましたか?」

私の質問に、先生は動揺した。



「もっ、もちろんいるよ!」

「いないんですね」

「ぐぬぬ……」

「早くしないと、栗山先生を他の男に取られてしまいますよ」

「そうだよね……どうすればいいと思う?」

「さあ?」

「さあってさあ……」

そこで私は立ち上がった。



「帰ります」

「あれ?もう帰っちゃうの?」

「はい。また来ます」

「うん、待ってるよ」

私は先生に見送られながら、部屋を後にする。

夏を告げる温かい風が、私の髪を揺らした。