※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

松岡「おはようー三女さん」

三女「おはよう…って何してるの?」

松岡「朝ごはん作ってるの、泊めてもらってるんだしこれくらいしないとね」

三女(結構気が利くんだな…)

松岡「味見てくれるかな?」

三女「ズズッ…うん、おいしい」

松岡「良かった~三女さんのお口にあって」

三女「ただもう少し具は細かく刻んだ方がいいかな、それから…」

松岡「さすが三女さん、勉強になるな~」

三女「あ、ありがと」


ふたば「仲良いっすね!二人とも」

お風呂では

三女(松岡さんが泊まり続けてはや10日…一体いつになったら出t)

松岡「入るよー三女さん」ガララッ

三女「べ、別々じゃなかったの?」

松岡「毎日霊と戦ってる三女さんの為に背中を流そうと思って」

三女「それは…ありがと」


松岡「どう三女さん気持良い?」ゴシゴシ

三女「うん、丁度いいよ」

松岡「じゃあ流すよー」ザバーッ

三女「ありがとう、松岡さん。じゃあ次は私が」

松岡「わあ、ありがとう三女さん」


ふたば「二人は仲良しっすね!」

IN ベッド

松岡「三女さって寝る時は髪ほどくんだー」

三女「当然だよ」

松岡「なんか新鮮だなー」

三女「そうかな?」

松岡「うん、とっても可愛いよ」

三女「…っ…あ、ありがとぅ…」

松岡(三女さんもこんな表情するんだ)


みつば「電気消して良い?」