※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

田井中 律(たいなか りつ)

桜が丘高校在籍、1年2組→2年2組→3年2組
パート:ドラムス、コーラス
8月21日生まれ(獅子座)、身長154㎝、体重48㎏、血液型はB型。軽音楽部部長。愛称は「りっちゃん」。茶色の前下がりショートカットにカチューシャをし、おでこを出している。冬季制服ではボタンの前を空けてブラウスの裾を出している。夏季制服ではベストを着ない。

使用楽器 「ドラムセット:ヤマハ・ヒップギグ(メローイエロー)、シンバル/類:ジルジャン社製(プロダクトラインは不明)」

軽音楽部メンバーの中で唯一、最初から(軽音楽部に)入部することを決めていた。「指でちまちまする」ような細かい楽器が苦手という理由からドラムを担当する。憧れのドラマーとして、過激なパフォーマンスで有名な「ザ・フー」のキース・ムーンの名を挙げている。ドラムの腕に関しては活きが良くパワフルとのことだが、走り気味だと評されることも多く、同じリズム隊である秋山 澪はリズムをキープするのが大変だと語っている。平沢 唯同様、部活でほとんど練習しようとしないため中野 梓によく怒られるが、家では練習しているようである。
秋山 澪と同様ぶっきらぼうな姉御口調で話し、振る舞いはストレートかつ大雑把で豪快。とても社交的な性格で、部内の空気を明るく盛り上げることもあれば、周囲への細やかな気配りも忘れず、軽音楽部のことをちゃんと考える部長らしい一面も見せる。平沢 唯とは馬が合い、共に羽目を外し過ぎて共に秋山 澪によく突っ込みを入れられている。前述の性格もあって、よく部活動に必要な届出を忘れては秋山 澪真鍋 和に叱られている。秋山 澪をいじることが多いが、逆にいじられたり振り回されたりすると弱い。秋山 澪の書いた歌詞を差出人の知れないラブレターと勘違いして思い悩む、秋山 澪以上に繊細で臆病な一面を見せている。
私服はカジュアルで動きやすいものを好む、パンツルック派。軽音楽部の同学年4人中最も背が低く、平沢 唯にこの点を指摘されて悔しがっていたことがある。1年生時の合宿ではプロポーションのよい秋山 澪の水着姿を見て八つ当たりをしたことから、胸が小さいことも気にしている模様。髪の色や長さは平沢 唯とほとんど変わらず、前髪を下ろすと区別がつきにくくなる。ちなみに田井中 律の方が平沢 唯よりも若干髪が長く、色も明るい。本人は前髪を下ろした自分の姿に余り自信がないらしく、寝るときはゴムを使って前髪を頭のてっぺんで縛っている。

|
添付ファイル