English


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

英語高校教科書「Masic Hat」参考文書


Magic Hat Ⅰ Lesson5 A Murder Mystery 5,000 Years Old

be exhausted 疲れきっている、くたくた
for hours 何時間も
struggle through もがく、あがく、苦労する、苦心する
deep 深い
although~ =though~。~だけれども
freezing cold 凍るように寒い
bleed 出血する
be frightened about~を恐れる
severe wound 重い傷、重症。読み方はシビア ウーンド
where~ 関係副詞「~な」で、前の名詞shoulderを修飾している
bury 埋める、埋まる。読み方はベリー
though~ =although。~だけれども
get away 逃げる
attacker 攻撃者、襲撃者
follow あとをつける
make an effort 努力する
save ~ ~を救う、助ける
save himself 自分自身を助ける、助かる
however しかし
not ~ any further もう~ない。読み方はファーザー
climb 登る。読み方はクライム
decide to+原形 ~することに決める
make a stand 立ち上がる
turn 振り返る
face 面と向かう
be ready to~ ~の準備ができる
if necessary もし必要なら
with~ ~で
get to~ ~に到着する、追いつく
fall face down うつぶせに倒れる
as
come off はずれる、とれる
soon まもなく、すぐに
German ドイツ人、ドイツ語、ドイツの
something 何か
stick 突き出す
out of~ ~から
melting~ 溶けかけた~
at first 最初は
die in an accident 事故で死ぬ、事故死する
closer もっと近くで、もっと近づいて
seem~ ~のようだ
much older ずっと古い
ask 人 to 原形 (人)に~するように依頼する
study 研究する
clothes 服
wore wereの過去形。身につける、着る
be made of~ ~でできている
plant fiber 植物の繊維
that were found with him 関係代名詞「~な」→彼と一緒に見つかった…
date
last part 終期
Stone Age 石器時代
use A for B BのためにAを使う
scientific testing show~ 科学的な調査は~を示す→科学的な調査で~とわかる
later のちの、のちに
name A after B BにちなんでAと名付ける
it is 形容詞for人to 原形 (人)が~することは…だ
examine =test。読み方はイグザミン
teeth tooth(トゥース)の複数形。歯。読み方はティース
compare A with B AとBを比べる
It was a fact that~ ~は事実だった。
be born 生まれた
northern 北の
whole~ ~を全部
life 人生
where he died 関係副詞。the place where he diedで彼が死んだ場所
It was found that~ ~ということがわかった
A, B, and C 箇条書きを表す
stomach 胃。読み方はスタマック
realize わかる=find
another 別の
discovery 発見。discover(動詞)の名詞形。読み方はディスカバリー
make a discovery  =discover発見する
stuck stickの過去分詞 [stuck in Otzi’s left shoulderなarrowhead]
it become clear that~ ~なことが明らかになる
research 研究
as well その上、~と同様に
broken~ 壊れた~、折れた~。breakの過去分詞
on~ ~に付いた、付着した
his own 彼自身の
, so だから
it was probably that~ たぶん~。
it is possible that~ ~の可能性がある。
carry ~ on his back ~を背負う
the stone arrowhead left in Otzi’s body  [left in Ozti’s body]な[stone arrowhead]
be similar to~ ~に似ている
those found =those things that were found
home area
strangers 見知らぬ人
some~、other… ~な人もいるし、…な人もいる。
argue 言い争う、言い張る、主張する
valuable 価値のある
questions we have =questions that we have
never 決して~ない
the reason why~ 「why」は関係副詞。~な理由
just for him 彼だけのために
through~ ~を通して
new home 新しい家(博物館のこと)
violent 乱暴な、暴力的な
◇形式主語
it is clear that~ ~なことは明らかです
it is possible that~ ~なこともありうる。~の可能性もある。
it is found that~ ~なことがわかる
it is a fact that ~ ~なことは事実だ
it seems that~ ~のようだ

◇同義語
test= study=research
make a stand =stand(動)
make a discovery = discover

◇重要熟語
make efforts
be similar to
be made in
be made of
be known to
as well
name A after B

◇現在完了進行形
[形] have been ~ing
[意味]ずっと~している ←現在完了の継続と同じ意味

◇関係副詞
 when, where, how, whyの4つ。訳し方は関係代名詞と同じ。
 howの先行詞はthe wayだけ。→ the way how~ 「~の方法」
whyの先行詞はthe reasonだけ。→the reason why~「~の理由」





Magic Hat Ⅰ Lesson6 A Class Divided

divide 分ける、分割する
all of~ ~の全員
third-grade 3年
take part in~ ~に参加する
experiment 実験
discrimination 差別
judge ~ by… …で~を判断する
shake head 首を横に振る
see 調べる、確認する
entire~ =all of~=whole~
sound like ~のようだ
pick out~ ~を選ぶ
collar 襟(えり)、首輪。発音はカラー
tell (人) to ~ (人)に~するように言う
take out~ ~を取り出す
but~ ~以外
whenever+SV SがVしたときはいつでも
make a point of~ 忘れずに~する、決まって~する
however しかし
patient 忍耐強い、辛抱強い。ここでは「怒らずに」
recess 休み時間
extra 余計な、余分な
may not ~してはいけない
not as good 同じではない
tease からかう
get into~ ~になる
look embarrassed 困っているようにみえる
What’s wrong with~ ~はどうした?
smart 頭が良い、賢い
by~ ~まで
revenge 復讐、報復
take off~ ~を脱ぐ、取る、はずす
with delight 喜んで
flashcard フラッシュカード
have ~ on =wear 身につける
affect 影響する
treat 扱う
how about~ ~はどう?
whether~ ~かどうか。読み方はフェザー(ウェザー)
the way to~ ~する方法
make A B AをBにする
in a minute 1分で→すぐに


Magic Hat Ⅰ Lesson7 Dolphins’ Power to Heal

Unit1
see+名+~ing  名が~しているのを見る
for the first time はじめて
take+名+to ~ 名を~に連れて行く
be depressed 意気消沈した、憂鬱
at first 最初は
notice+名+~ing  名が~しているのに気づく
seem to+原形 ~しているようだ、~のようだ
Why not~ ~しよう(Let’s)
feel+名+原形  名が~しているのを感じる
be my friend 友達になって。
let go of 放す
find+名+ing  名が~しているのがわかる
come closer もっと近くに来る
just as they were   they=dolphins、最後にsplashing and playingが省略されている
for a while しばらくの間
hear+名+原形  名が~しているのが聞こえる
Unit2
suffer from~ ~の病気をわずらう(本文では分詞になっている)
let+名+原形  名に~させる(自由に)
make+名+原形  名に~させる
have+名+原形  名に~させる
various kinds of~ さまざまな種類の~
over+数字 ~以上
have an ability to~ ~する能力を持っている
caring 思いやりがある
sense 感じる
[how similar we are.]→感嘆文
be similar to~ ~に似ている
help+名+原形  名が~するのに役立つ


UNIT3
be sure 確信している
what we know 私たちが知っていること。(whatは関係代名詞=the thing which)
each other お互い
travel 伝わる
four times+比較級 4倍
[how quick+SV]→感嘆文
some~,others~ ~な人もいるし、~な人もいる
the important thing is that~ 重要なことは~なことです



Magic Hat Ⅰ Lesson8 Crow Boy

UNIT1
there is ~ …ing …している~がいる(ある)
be afraid of~ ~を恐れる
one after another 次々に
kill time 時間をつぶす
amuse himself ひとりで楽しむ
would よく~した
for hours 何時間も
a patch of cloth 布きれ
all year round 一年中
study よく調べる
even when~ ~なときでさえ
most of us わたしたちのほとんど
so that それで、そのため
not only A but (also) B AだけでなくBも
make friends with~ ~と友達になる、親しくなる
part2
day after day 来る日も来る日も
day by day 日に日に
go by 過ぎ去る
take ~ to … ~を…に連れて行く
be pleased to~ ~して喜んだ
be amazed to find~ ~に気づいて驚く
tack~up ~を画びょうで留める
but~ ~以外
spend time ~ing ~してすごす
part3
talent show 学芸会
up there あちらで、むこうで
leave A for B Aを離れてBに向かう
wrong つらくあたる(ひどいことをする)
grownup 大人
part4
perfect attendance 皆勤
would often~ よく~したものだった
not ~ any more もう~ない
set off for~ ~に向かって出発する
around the turn 曲がり角のあたり


Magic Hat Ⅰ Lesson9 The Power of Images

part1
have you ever~? [現在完了]いままでに~したことがありますか。
as I see it 私が見たところ
it is ~ for(人) to… (人)にとって…することは~です
both A and B AもBも(両方とも)
on the other hand 一方
if you were~, you would [仮定法過去]
make decision 決める =decide
suppose =if
think of~ ~について考える

part2
I wish ~ [仮定法]~だといいのに
How about~ ~はどう?
as if~ [仮定法]まるで~のように
for themselves 自分自身で
make O+原形 [使役動詞]Oに~させる
If it were not for~ [仮定法]もし~がなければ
focus on~ ~に注目する

part3
compare A to B AとBを比べる
Without~ [仮定法]もし~がなければ =if it were not for
make a choice 選ぶ=choose
smart 賢い、頭のいい
closely examine よく調べる
digital age デジタル世代
that is why そのために

part4
keep in mind~ ~を心に留める、気をつける
a single~ 一つの~(=oneの強調)
be aware of~ ~に気づく
(動詞)choose - chose - chosen →(名詞)choice

仮定法とは…事実に反する仮定

(1)仮定法過去
現在の事実に反する仮定→形を過去形にする
   If S+過去形+~, 主語+would+原形+~.
 (例)  If I were a bird, I would fly to you.
「もし私が鳥ならば、あなたのところへ飛んで行くのになぁ。」
 →実際は鳥ではないので、飛んで行かない。
If I had enough money, I could buy the book.
「もし私が充分なお金を持っていれば、その本を買えるのになぁ。」
 →実際はお金がないので、買えない。
※前半を条件節、後半を帰結節という。条件節と帰結節を逆にすることもできる。
※would(=might)の部分をcouldにすると「~できるのに」の意味。
※be動詞のときはwereを用いるのが普通。

特別な仮定法
(1) as if+条件節 「まるで~のように」
 (例)He looked calm as if nothing had happened.

(2) if it were not for+名詞、+帰結節 「もし~がないなら、~なのに」
 =without+名詞、+帰結節 「もし~がないなら、なかったなら、~」
 (例)Without air, any animal could not alive.

(3) I wish+(ifを消した条件節) 「~だったらいいのになぁ」
 =If only+(ifを消した条件節)

Magic Hat Ⅰ Lesson10 FMYY
PART1
hit - hit - hit
turn to~ ~に目を向ける
hear about ~について聞く
A, B, and C [箇条書き]
statistics 統計
more than~ ~以上
be dead =died
following~ [分詞構文]~に続いて
break out [事件などが]発生する
in the whole city 町全体で
as a result of~ ~の結果
be forced to+原形 ~させられる、~を余儀なくされる、~せざるを得ない
temporary evacuation shelter 一時避難所
limited by~ [分詞構文]~に制限されて
A, B, or C [箇条書き]
anxiety [発音注意:アングザイアティ]

part2
for the first time 初めて
supported by~ [分詞構文]~に支えられて
manage to+原形 どうにか[苦労して]~する
both day and night 昼も夜も
suffer from~ [苦痛、不快なことを]経験する、こうむる
a lack of~ ~の不足
be in the dark わからずに
step in 参加する
air 放送する
not only A but also B AだけでなくBも
merge to form~ [toは結果の不定詞]合併して~になる


part3
knowing this [分詞構文]=because they know this
granting a go-ahead 許可を出す。=permit
It was ~ that … [強調構文]…なのは~だった
each day 毎日
in addition 他に、さらに
what is going on 何が起こっているか
true to~ ~に忠実

part4
continue to~ ~しつづける
in addition to~ ~に加えて
the elderly =old people
not either ~も…ない not forgotten either 忘れられていない
~as well =~, too
the number of~ ~の数
is growing 増えている
prove to be~ ~であるとわかる
such as~ ~のような
without~ [仮定法]もし~がなかったならば
It is~who… [強調構文]…な人は~です。
make a difference 変える



Magic Hat Ⅰ Lesson11 The Pianist
PART1
so ~ that … とても~なので…
be absorbed in~ ~に熱中している
in search for~ ~をさがして
any time now 今にも
Do what you like あなたの好きなようにしなさい
have an intension of~ ~するつもり
take~to… ~を…に連れて行く
if 「もし」の意味のときは未来でも現在形にする
it was~who [強調構文]
The sound of the piano would ピアノの音がなれば~だろう[wouldは仮定法]
try the instrument out その楽器を試してみる
in that case それなら
after some time しばらくして
Never mind. 気にするな。
dare to+原形 勇気を出して~する(あえて~する)
PART2
ashamed of~ ~を恥ずかしいと思う
shake hands 握手する shake(シェイク) - shook(シュック) - shaken(シェイクン)
Wait a moment. ちょっと待って。
see+目的語+原形 ~が…するのを見る(知覚動詞)
be over 終わる
at the latest 遅くても
stay~ ~のままでいる
downstairs ⇔ upstairs
be busy with~ ~をしていて忙しい
never knowing~ [分詞構文]
less and less ますます少なく、だんだん少なく little - less - least
a single~ one(ひとつ)の強調表現
not a single~ ひとつの~も…ない
for the last time 最後に ⇔ for the first time初めて
than usual いつもより
wake~up ~の目を覚まさせる
at any moment いつでも、今にも
part3
hear+~+…ing ~が…しているのを聞く
come close 近づく
take a look 見る
take a closer look もっと近づいて見る
full of ~でいっぱい
carrying a bundle [分詞構文]包みを持って
in a panic あわてて
part4
as ~として
look over to 見渡す、目を通す、調べる
busy にぎやか
go up to ~のところに行く、近寄る
not either …も~ない(tooの否定分)
pray 祈る(mayを伴うことが多い)