※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第16回熱オフ(2011/02/18開催)

  • 一軍上限105コスト・二軍上限30コスト制限戦
  • 日本一:Miya.Kドラゴンズ
  • セ・リーグ優勝:Miya.Kドラゴンズ
  • パ・リーグ優勝:京浜アスレチックス
  • 交流戦優勝:虎兎ユニコーンズ(16勝8敗)
  • 使用チーム:蒲生レイルウェイズ


順位表

セ・リーグ

順位 チーム名 勝利 敗戦 引分 勝率 G差
1 Miya.Kドラゴンズ 77 66 1 .538 優勝
2 虎兎ユニコーンズ 76 68 0 .528 1.5
3 中級者ジャイアンツ 74 67 3 .525 2.0
4 幕張の霧雨マリサーンズ 69 72 3 .489 7.0
5 大文字ファイヤーズ 68 73 3 .482 8.0
6 美作グラディエイツ 65 76 3 .461 11.0
※CSの結果、日本シリーズ進出は Miya.Kドラゴンズ

パ・リーグ

順位 チーム名 勝利 敗戦 引分 勝率 G差
1 京浜アスレチックス 79 65 0 .549 優勝
2 ねこねこライオンズ 75 69 0 .521 4.0
3 スカルタイガース 71 71 2 .500 7.0
4 スターダストイーグルス 70 74 0 .486 9.0
5 無理ンゴクイーンビーズ 68 76 0 .472 11.0
6 蒲生レイルウェイズ 64 79 1 .448 14.5
※CSの結果、日本シリーズ進出は 京浜アスレチックス

各種タイトル

セ・リーグ

【野手】
首位打者 上白沢慧音 幕張の霧雨マリサーンズ .337
本塁打王 フランドール・スカーレット Miya.Kドラゴンズ 45本
打点王 綿月依姫 幕張の霧雨マリサーンズ 139打点
盗塁王 火焔猫燐 美作グラディエイツ 46盗塁
最多安打 レミリア・スカーレット 中級者ジャイアンツ 180安打
最高出塁率 綿月依姫 Miya.Kドラゴンズ .389
【投手】
最優秀防御率 メディスン・メランコリー 虎兎ユニコーンズ 2.40
最多勝 メディスン・メランコリー 虎兎ユニコーンズ 16勝
最優秀中継ぎ スターサファイア 大文字ファイヤーズ 17HP
最多セーブ 秋穣子 大文字ファイヤーズ 31セーブ
八雲紫 美作グラディエイツ 31セーブ
最多奪三振 聖白蓮 Miya.Kドラゴンズ 159奪三振
最高勝率 メディスン・メランコリー 虎兎ユニコーンズ .762
【ベストナイン・ゴールデングラブ】
守備 ベストナイン チーム名 ゴールデングラブ チーム名
投手 聖白蓮 Miya.Kドラゴンズ メディスン・メランコリー 虎兎ユニコーンズ
捕手 八坂神奈子 中級者ジャイアンツ 蓬莱山輝夜 Miya.Kドラゴンズ
一塁 多々良小傘 美作グラディエイツ 河城にとり Miya.Kドラゴンズ
二塁 綿月依姫 Miya.Kドラゴンズ 犬走椛 幕張の霧雨マリサーンズ
三塁 上白沢慧音 幕張の霧雨マリサーンズ 上白沢慧音 幕張の霧雨マリサーンズ
遊撃 姫海棠はたて 中級者ジャイアンツ 鍵山雛 大文字ファイヤーズ
外野 綿月依姫 幕張の霧雨マリサーンズ レミリア・スカーレット Miya.Kドラゴンズ
外野 フランドール・スカーレット Miya.Kドラゴンズ 射命丸文 虎兎ユニコーンズ
外野 レミリア・スカーレット Miya.Kドラゴンズ 姫海棠はたて 大文字ファイヤーズ

パ・リーグ

【野手】
首位打者 寅丸星 スターダストイーグルス .331
本塁打王 フランドール・スカーレット 無理ンゴクイーンビーズ 45本
打点王 フランドール・スカーレット 京浜アスレチックス 147打点
盗塁王 火焔猫燐 スカルタイガース 46盗塁
最多安打 綿月依姫 蒲生レイルウェイズ 175安打
最高出塁率 綿月依姫 蒲生レイルウェイズ .390
【投手】
最優秀防御率 聖白蓮 蒲生レイルウェイズ 2.44
最多勝 聖白蓮 蒲生レイルウェイズ 16勝
最優秀中継ぎ 秋穣子 ねこねこライオンズ 15HP
東風谷早苗 ねこねこライオンズ 15HP
最多セーブ 雲居一輪 京浜アスレチックス 32セーブ
最多奪三振 聖白蓮 蒲生レイルウェイズ 172奪三振
最高勝率 古明地こいし 京浜アスレチックス .706
【ベストナイン・ゴールデングラブ】
守備 ベストナイン チーム名 ゴールデングラブ チーム名
投手 聖白蓮 蒲生レイルウェイズ 聖白蓮 蒲生レイルウェイズ
捕手 封獣ぬえ スターダストイーグルス 封獣ぬえ スターダストイーグルス
一塁 小野塚小町 スターダストイーグルス 河城にとり 京浜アスレチックス
二塁 因幡てゐ スターダストイーグルス 因幡てゐ 無理ンゴクイーンビーズ
三塁 綿月依姫 京浜アスレチックス 寅丸星 スターダストイーグルス
遊撃 十六夜咲夜 京浜アスレチックス 十六夜咲夜 無理ンゴクイーンビーズ
外野 綿月依姫 蒲生レイルウェイズ 射命丸文 京浜アスレチックス
外野 多々良小傘 スカルタイガース 火焔猫燐 京浜アスレチックス
外野 レミリア・スカーレット 無理ンゴクイーンビーズ 火焔猫燐 スカルタイガース
DH フランドール・スカーレット 京浜アスレチックス

【表彰】

セ・MVP 綿月依姫 Miya.Kドラゴンズ
パ・MVP 聖白蓮 蒲生レイルウェイズ
沢村賞 聖白蓮 蒲生レイルウェイズ
日シリMVP 綿月依姫 Miya.Kドラゴンズ

トピック

  • 実質低コスト戦のため、相対的に10コストが強かった第16回。
  • 日シリは第12回以来の1位対決に。
  • 蒲生レイルウェイズの急落。パでは2位が翌月急降下の展開で無理ンゴ涙目。
  • Uメディスンが最優秀防御率と最多勝、最高勝率の3冠に。でも沢村賞は獲れず。
  • M慧音が第4回以来の首位打者。U依姫とD依姫の三冠王争いとは何だったのか。
  • 沢村賞はこれで3回連続で白蓮。5回連続の豊姫に続いて白蓮時代到来。