スチームケースというとなんか映画みたいだが


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スチームケースというとなんか映画みたいですけれど、スチームボーイですねそれは。しかもシリコン製です。なんのことかというと実はスチームケースというのは調理器具なんですよね。調理器具っていっても電子レンジにつかうもので、中に食材を入れては、チンしてできあがりというなんというかお手軽料理器具です。

これの良いところは、失敗の少ないところ。

まず、材料をきっていれるだけなので失敗しないです。

後片付けも簡単ですね。

あと、油もつかわないのでカロリーも控えめですみます。

たしか、5000円くらいするので激安とはいえないスチームケースですが、まぁ調理器具としては妥当な値段ですし、レシピのバリエーションを考えても決して無駄な投資ではないかな。

結局大事なのは使いこなせるか?なんですけれど、本屋に行くといっぱいレシピ本があります。

あまりこまかいことよんでないですけれど、ただ切って入れるだけの蒸し料理にどこまでバリエーションがつけられるんでしょうかね?

例えば、カプリチョーザの温野菜のバター風味みたいな料理がつくれるならそれだけで、私は購入決定なんですけどね。

 

スチームケース自体は、フランスのルクエというところの商品みたいですね。どうもいろんな便利調理器具をつくっているところらしいです。蒸し料理でかんがえるとタジン鍋というのもなんかよく効きますけどあれはどうなんでしょうかね。

電子レンジよりは光熱費やすそうですが、手間はかかりそうです。