被災


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

なんともすごい地震でした。

 

私のところは震度5強。

すぐに停電しましたけれど、ワンセグとかカーナビのテレビで情報がはいったのか、30分後にはホームセンターが車だらけで、電気を使わないタイプのストーブが街中からきえました。

 

懐中電灯や大きいサイズの電池、カセットコンロのボンベ、形態の充電器なんかが一切合財町中から消えました。

 

停電している中で手計算でコンビニが運営しているという何ともシュールな光景

信号機とかいっさい点灯しないまちなみ。

 

日常と言うか平和というのが、こんなにも簡単にくずれてしまうのかと他人事のように現実感なく思ってしまいました。

 

これが震災なんでしょうか?

いままでは、阪神淡路大震災というのがありましたけれど、東北人にとっては他人の家の出来事と言う感じがすくなからずありました。

また、ネットというのが充実してなかったので情報も個人の声もすくなくて、そういう意味で現実に向き合わないという選択肢もありえました。

でも現在の世の中はネットでいろんな声や情報が入ってきます。

ですから、生々しさは半端じゃありません。