登場人物(3 > 3)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

.
ルーラ=エマリエル(Ruler Emma riel)
身長 153cm 体重 48kg 誕生日 4月20日 血液型 B型
学年:2年 戦法:拳銃→後に二丁拳銃
ホークスの寮暮らし。一人称は私、二人称はあなた、名前+敬称、三人称はあの人。
緑色のくせっ毛とピンクのマフラーが特徴的な小柄な美少女。外国人。瞳の色は濃い緑。
常に笑顔でニコニコし、温厚的で心優しい性格。しかしそのせいで利用される事が多く、嫌には思っているが従ってしまう、所謂お人よし。
丁寧な言葉を遣い、千以外は皆名前の後に「くん」「さん」「ちゃん」を付ける。(千は呼び捨てだが敬語である。物語の後半には皆も呼び捨てで呼ぶ)
しっかり者である為、間違いがあればすぐに気付く。仲間が喧嘩をし出すと止めに入るなど中々度胸があり、争いを嫌う。正義感が強い。
逸が入院し無理して笑っていた事が分かり、千が再度病室に行こうとする際に「逸君は私達に心配させたくなくて嘘の演技をしてみせたのですよ?今私達が言ったら、それが水の泡じゃないですか………それに、逸君はきっと嘘をやめてはくれません」と言う等、相手の気持ちを汲んだりする事が出来る。
実力は「fortguerrier」に入る程のものであり「弾丸の瞬き」と呼ばれている。
数撃ちゃ当たるな精神だが装填時間がかなり短く、受け身を取りながらでも詰め替えれるといった芸当も出来る。因みに愛用の銃はサイレンサー付きである。
実家は山奥にあり、病気の母親と祖母との三人暮らし。父親は彼女が幼い頃に戦死してしまい、女手だけとなってしまった為少しばかり貧しい生活をしている。
中等部の3年の春からホークスに籍をおき、持ち前の優しさからすぐに逸達と打ち解けた。
謎の団体との戦いでは、幹部クラスで棒術を使うソフト・シーウェッドと戦うも敗北。
祖母に鍛えてもらった結果、戦闘スタイルが二丁拳銃に変わる。
光を救出するべくソフト・シーウェッドと再戦。勝利を収めた。

年中マフラーを巻いている。制服はマフラー以外は模範的な格好で成績優秀である。料理等の家事が得意で女性らしい。ところてんが好きで胡瓜が嫌い。
作者は龍ヶ崎。


クラウス・アンダーソン(Claus Anderson)
身長 165cm 体重 55kg 誕生日 12月24日 血液型 AB型
学年:2年 戦法:体術
全体的に色素が薄く、クリーム色の髪が頭のてっぺんで斜め上に三本立っている。瞳の色は透き通った青色。童顔。一人称は僕。
二人称はあなた、君、機嫌が悪いと稀にお前。三人称はあの人。

左の耳たぶにピアスの様なホクロがあり、それをコンプレックスに思っている為か「ホクロ」となんの脈絡もなく連呼する。俗に言うバカである。
気分で行動し、光同様無表情。(雰囲気で喜怒哀楽が伝わる)
よく無表情で悪戯し反応を楽しんでいる。バカなお人よしでもある。空気が読めないのではなく空気を読まない。しかし察しが良く場は弁える。
「fortguerrier」で「沈黙の白鷺」と呼ばれている。戦闘スタイルは武術(主に受け身)であり、ツボ押しが得意。
幹部クラスの槍使いゼロと戦闘になるが敗北する。
偶然街で会ったホークスの卒業生のジョニーに鍛えてもらい、千との即席共闘をした。ゼロに勝利する。
ドイツ人だがドイツ語を喋れず書けない。
4歳の頃に母国を離れ武術に興味を持ち様々な武術を学ぶが、どうしても浮いてしまい道場を転々とする。
12歳の頃に母親のお腹に赤ん坊が居たのだが、買い物の帰り暴漢に巻き込まれ流れてしまう。その時すぐに助けられなかった事に責任を感じている。その後、母親が精神的に病んでしまい彼を彼と認識しなくなった為、父親にホークスに誘われたと伝え一人暮らしをする事を決めた。(父親と母親は療養の為ドイツに帰した)
高等部の1年の春にホークスに入学した。
強い日差しが苦手な為サングラスを着用する事がある。肌が少々弱い。
お金にルーズで通帳を気にしない。
勉強は不得意。それにテストもその時の気分で解答するので点数もバラバラである。ブルース・リーを尊敬している。
制服は模範的。
納豆が好き。“ふ”を嫌う。
作者はござる。



.