幹部クラス(1 > 4)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

.

レオナルド・フルーリオ(Leonardo Fleurieo)
身長 184cm 体重 69kg。39歳。一人称は僕。
腰まである長い茶色の髪にモノクルをしている。瞳の色は緑。
この団体の元帥的存在であり、メアリーの実父。そして光の義父である。
紳士的な性格だが、少年の様な心を持ち仲間思い。掴み所のない性格。
妻を政府に殺害される。
光を13歳の時に養子にした。この時娘のメアリーも彼と同い年だった。
だが彼が15歳の時に眼帯が外れ右目を見られ、幸せそうな彼等を黒魔法が嫉妬し暴走され家族を失った。
その後、政府と世界を怨む。
彼もまた白魔法の所持者でその力で戦い、世界を再生させようとしている。
光の持つ黒魔法は破壊の力。それが必要な為、光を捕らえる事にした。
お人よしな面もあり、路地裏で行き倒れていたメシアを拾った。
その後勢力を拡大し、物語の後半で光と対峙する事になる。
全身赤い装束。
作者は龍ヶ崎。


メシア(Messiah)
身長 175cm 体重58kg。22歳。白髪でつり目。瞳の色は青。レオナルドの右腕で大将クラス。一人称は愚生。
レオナルドに対し盲目的であり堅物で古風な言葉遣いをする。
レオナルドの身の回りの世話をし部下に司令を出す等、司令塔であり右腕的存在である。差別と失敗を嫌う。
幼い頃に孤児院に入れられ、拾われるも濡れ衣を着せられたり問題を起こしたり等して最終的には15歳で施設を出る事になる。
暫くは普通に働き普通に生活をしていていたが、不景気な世の中だったのもあり荒れた生活を送るようになった。
20歳の頃行き倒れていた所をレオナルドに救われ、最初は疑うも段々心を開き彼の考えに賛同する。
勉強や武術を進んで学んだ為ある程度の事は出来、ナイフを中心とした武術を使う。因みに名前は本名ではない。
逸と対戦をするも追い込まれ自刃し死亡。
レオナルド以外に尊敬するのはブルース・リーと弁慶。
全身白いローブの様な格好をしている。
作者はござる。





.