※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ノブレス・オブリージュとは「貴族の義務」という意味であり、庶民よりも財産・権力・地位をもつものは、庶民よりも多くの義務を背負わなければならない、という貴族の責任を示した言葉である。

おちぎゃざ内での地位は大会での結果が全てである。
つまり優勝した部員は、地位あるものとして義務を負い、次回大会の運営をしなければならない。

しかし、この制度はコミュ力無きものがノブレス・オブリージュを背負ったときのことを想定していない。
そう、今まさに・・・。(平成23年3月20日現在)