リーヴァ最初期案


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エデンにて
リーヴァ「なんで?!どうしてこのお金が使えないのよ!!」
「なんでってお嬢ちゃん、こんな硬貨見たことないよ」
「これは、機械帝国の○○が発行してる共通硬貨なのよ?!」
「お嬢ちゃん、訳の分からないことを言ってもしや無銭飲食しようとしてないかい?」
「ち、違うわよ!そんなことこのリーヴァ様がするわけないでしょ!」
クリス「そうだそうだ」
「あ!!あんた!良い所に居たわね」

ディノ「ゲ・・・みつかっちまった」

「ちょっと、お金貸して」

店員「あんた知り合いかい?無銭飲食はさせないよ」

払っても別にプレイヤーのお金は減らない。

これに関連して、最初の善人の村でワールドの硬貨をもらえる、存在を教えてもらうなど
→父親のレックスの旅の遺品の中にワールドのお金が入ってるor金とかが入ってて主人公が換金する

「親父の袋にお金が入ってる!俺のもってる金額と同じくらいだ!」





リーヴァは発言がウザいキャラクターである。
本編にはほとんど登場することもないと思うが、

「ディノからミリアを奪ってくれば良いんですね!」
「どんな手を使ってでもだ」
「じゃあ色仕掛けなんかもできます」
「…なんでもいい」
「そこは『やるな』って言ってくれなきゃダメですよお!!」
「…
 …
 いいからとっとと行って来い」


ダンスの時も「そこは快く乗ってくれなきゃダメですよお!」と反論する。
ヴィクターは元が異国人であり機械帝国の軍人の常識がないので、たまに「そうなのか?」とノってしまう。

だいたいリーヴァと居ると、調子が狂うらしい。


帝国でのやりとり
「ヴィクター様ハンサムよね」
「それでいてあの若さでワールド一の億万長者よ」
「しかも、軍人じゃないから私達にもチャンスがあるわ」
「一つ残念なのが、『ルアノク人』ってことね」
「そんなの、お金があればどうってことないわ」

機械帝国が貴族の富を没収して、ワールドの富を独り占めしている。こんな荒んだ世の中では、拝金主義に拍車がかかり、
玉の輿を狙う不届き物が増えているのである。

そして、ルアノク人の扱いの悪さを伺う事ができる。

リーヴァ「なんて言う下賎な女たちなの!ヴィクター様はヴィクター様だから良いのに」

「フン、あんたみたいなガキ、相手にすらされてないんだから アハハハハハ!」
リーヴァ「そ、そんなことないわ!」
「されてるわけないじゃない、バカ・ガキ・軍人崩れ、三拍子揃ってるし」
「これなんだか教えてあげましょうか、ヴィクター様の嫌いな物よ」
「アハハハハハ」
リーヴァ「なによ、年増ババァ」
(江戸時代には、数え20で年増、25で中年増、30で大年増と呼んだ)


没?(過去ファイルに残ってた)
リーヴァ「お、覚えてなさいよ!!こっちはあんたらの仲間の子を人質に取ってるんだからぁ!」
ミリア「なんですって!マリアを返して!返してよぉ」

リーヴァ「やだ、泣かないで・・あたし悪いことしてるみたいじゃない!」
クリス「リーヴァ、いいから逃げるぞ」

ディノ「なんなんだあいつは」





組織の幹部リーヴァ周りの案


リーヴァ・ジョーンズ
17歳
親は機械帝国の有力軍人のジョーンズの一人娘。
身長163cm
誕生日5月5日
好きな物 犬

父親が機械帝国の有力軍人であることへの反発で、悪の組織で認めてもらおうと奮起してる少女。
実際は、組織の社長のヴィクター(ヤドカリさん案)に一目ぼれしただけなのだが。
認めてもらおうとしている割には、父親の力に頼りっぱなしである。しかし運動神経と人望は多少あるので、そこそこ良いポジションに置いてもらえる。
そこでもらったのが、エデンに出向いてミリアを捕まえるという大ミッションである。
組織での腐れ縁のリリアン(キスティス先生っぽい)とともにエデンに出向く。
そこからディノたちとの関わりが始まる。

最初
リーヴァ「あら~ エデンって噂通り素敵なところなのねー!バカンスに来たいかな~!」
リリアン「呑気なこと言ってないでとっととあのお嬢ちゃんを捕まえるのよ!」

失敗

リーヴァ「お、覚えてなさいよ!!こっちはあんたらの仲間の子を人質に取ってるんだからぁ!」
ミリア「なんですって!マリアを返して!返してよぉぉ」

リーヴァ「やだ、泣かないで・・あたし悪いことしてるみたいじゃない!」
リリアン「良いから逃げるわよ!」

ディノ「なんなんだあいつは」


何度も道中に現れる。
ディノ「まーたお前か!いい加減にマリアの居場所を教えろ!」

そのうち、先の街の食堂に居たりする。
エデンの村の食堂
ディノ「あー!お前!」
リーヴァ「今はねぇ、休憩してるのよ。邪魔しないでくれる?」
ディノ「何ふざけたこと言ってるんだ。マリアの居場所を教えろ!」
リーヴァ「あーやだやだ、人が食事してるのにマリアマリアマリアマリアってぇー!」

戦闘

負けて逃げる。
食堂のおばちゃん
「なんだか物騒な子なのね。ここ最近、うちの獅子雨(食べ物の名前。春雨みたいなもん)が気に入ったってしょっちゅう来てた子なんだけど・・・なんだか残念だよ」

リーヴァ「なんだかエデンって良いところねぇ~。普通に移住しちゃいたいわ。獅子春もすんごく美味しいし~」
リリアン「…あんたはお嬢様だからそんな呑気な事が言えるんだわ。私は許せない。ワールドはエデンのせいであんなに荒れ果ててるのよ」(これは組織&機械帝国による洗脳で、一般的なワールド市民がそう信じている)
リーヴァ「まぁまぁただの冗談よぉー、冗談なんだから怒んないでぇー」
リリアン「フン、本当に冗談なのかしら」
リーヴァ「むぅ、意地悪!!」

ついに組織の戦艦がエデンの極東の島にワープした。
そこを拠点に自由にワープ可能になり社長もエデンに偵察にやってくる。
その後、前祝いみたいなのがエデンでもワールドでも良いから上げられる。
パーティみたいな感じ。

そこでのFF8パロディ?

社長、バルコニーで一人で空を見ている。
そこにリーヴァがやってくる
「ねぇ、一緒に踊りません?」

「…?なんでお前と踊らなければならないんだ」

「こういう時は踊るものなんですよぉ!折角素敵なレディが誘ってるんだから、断っちゃだめなんです!」

「…それはお前の『国家』の仕来たりか何かか?」

「へ?国家とかじゃなくて、世界の常識ですよ!」

「フン、くだらん」

ここで社長に粗野な流浪の一族出のコンプレックスみたいなのがあるのが分かる。

この場面でディノとミリアが乱入してきてマリア奪還とした方が面白いかもしれない。
ディノも仮面をしてリリアンとなぜか踊るハメになるなど・・・


リーヴァ没落
マリアを逃がしてしまった上に、戦艦一機海に沈めてしまい、責任を言及されるリーヴァ。
次が最後のチャンスだと駆り出される。
失敗したら、父親の立場を失脚させると社長に言われてしまう。
ミリア・マリアを捕まえ、一つにする作業を成功させる。
双子が一人になり、分かれていたクリスタルが元にもどる。しかし、そこまでしてディノたちに邪魔をされる。

組織の最先端の機械をめちゃくちゃに押して発狂するリーヴァ。
「もう、どうして!どうしてどうしてなのよー!!あんたたちを捕まえないと、捕まえないとあの人から愛想つかされちゃう!!!」

押しまくったボタンにより暴走した組織のモンスター3体がめちゃくちゃにディノたちに襲いかかる。

エデンの端の組織の拠点の小さな島はこれによって沈む。
リーヴァがいくら頑張っても双子のチートパワーには敵わなかったのだ。

ワールドかエデンの組織の研究所において
社長「…父親は流刑だ。分かるな。小娘二人どころか、我々の重要な機密を大量に破壊した責任はとても計り知れない」
リーヴァ「お父さんはどこへ行ったの?!」
社長「死の大陸辺りじゃないのかなぁ」
リーヴァ「そんな…!あんまりです!お願いです!私はどうなっても良いから父を助けてください!」
社長「フン。知らないな。お前が助けに行けば良いじゃないか。それだけの能力は備わってる優秀なお嬢さんな筈だ」
リーヴァ「・・・・・・あんまりです。あたし行きます。父のところへ。もうもどりません」
リーヴァ駈けだす。が、扉から出ようとしたところで(社長ではない)に刺されて倒れる。

社長「ははは、組織の特殊部隊SEED(これはやり過ぎか)の掟を忘れたのか?
脱会すなわち死だ。お前はここで死ぬのだ」

リーヴァ「…そんな…そんなぁ…」

案1 ここで死ぬ(当初の構想)
これにより、社長の冷酷非道さがはっきりと分かるエピソードになる。

案2 ディノが助けてやる ちょっと可哀そうかな?と思ったので
ただ、可哀そうだからと助けてもその後活躍することはないだろう。なので、
ディノが駈けつけて「大丈夫か?いくらなんでもこれはひどい。お前は人間じゃない!」
リーヴァ「ディノ…あたし好きになる人、間違っちゃったみたい」絶命。
(結局は最後まで恋愛脳なのであった)

ディノがなぜここで出てくるかは今は特に考えてない。
しかもこの流れだと社長との戦い第二回戦を始めないといけない感じがする。

リリアン「この子、リーヴァが大事にしてた犬なのよ。可哀そうに、主人が居なくなったなんて…」
双子「可愛いー!」
ディノ「お前、どうして俺たちのところに?」
リリアン「なんだか全てが分からなくなってしまったの。ちょっとエデンをふらふらしてみるわ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。