タイトル ドラッケン
ジャンル RPG
対応機種 PC、SFC
外見 4クラス×男女+装備
装備 装備品によって変化
セリフ なし
ボイス なし
育成 レベルアップのみ
ダンジョンマスターの影響が感じられる、フランスのInfogramesが産み出した3DRPG。(ダンマスが1987、ドラッケンは1989)
日本では「SFC最初のRPG」として販売されたため、ガラパゴス島民からクソゲー扱いされた不幸な作品。
キャラメイクは男女4クラスの8種類から4人を選択し、装備によってルックスが変化する。
…とまあ書けば聞こえはいいが、正直これに期待するのは間違いかもしれない。
(FCのザ・ブラックオニキスの方が余程感情移入できるレベル)
360度平面移動を初めて取り入れた作品で、縦長のマップをレースゲームのように自由に歩けるのだが、
洋ゲーらしい唐突な強敵出現や理不尽なトラップ(「堀のサメ」が兎角有名)、
独特のドラッケン語(ハックハックドラッケン)を散りばめた単調お使いストーリーなど、
(ぶっちゃけてしまうと「人間を足元に見るドラゴン達の内輪揉めを延々追うだけ」。まあ宇野リオよりは多少マシ程度)
クソゲー認定されてもまあ仕方ない所はあるのかなといった感。
しかし独特で神秘的な世界観や、後のMMOに続く「360度自由に歩ける仮想空間」は世界に夢を与えたのも事実。
この作品からFPSが生まれ、TPSになり、MMOになり、今に至ってるのかと思うと感慨深くはある。
…今から触る?…うん、まあ色々と覚悟の上で。
名前:
コメント: