タイトル Diablo
ジャンル RPG
対応機種 PC PS
外見 クラス+装備(性別固定、三段階)
装備 装備品によって変化
セリフ あり(クエストに対するリアクション程度)
ボイス あり(マナがない時、被弾して呻く程度)
育成 レベルアップによるパラメーター配分、呪文の習得
MORPGの代表作にして、世界中のゲーマー達を廃人化させたエポックメイキング的な作品。
日本ではFPSの第一線で競い合っていた極一部のヘビーゲーマー達がごっそりとハマり、彼等を通じて徐々に拡散、
丁度 Windows95 が世に出た時代とあってユーザーと回線負担が爆増、(テレホーダイからISDNへ)加速度的に回線増強が図られている。
戦士(白人男)、弓使い(白人女)、魔法使い(黒人男)と職種性別固定で、キャラメイクゲーとしては微妙ではあるものの、
「複数人数でハック&スラッシュを楽しむゲーム」としては、後継作である Diablo2 をはるかに上回る完成度を誇っており、
Diablo2 のように「一人の馬鹿力キャラによって敵が一掃される」ようなクソゲー的展開は成り得ないし、
簡素なゲームシステムなので、キャラクター間の性能差も致命的ではない。
しかし一方でCheat&Dupe対策が一切成されていないため、ネットは「トランメルが用意される以前の Ultima Online 並みのアレ具合」ではあった。
「多少動きが硬い」事に目を瞑れば、今現在でも十分にシングルプレイ及び身内マルチで楽しめるかもしれない。
なお完全な余談ではあるが、この頃から日本人と韓国人は仲が悪く、韓国人が日本のチャンネルを荒らし、日本人が荒らし返しに出向く事も頻繁だった。
名前:
コメント: