※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


時代背景

1940年5月、いわゆる西方電撃戦を開始し、1ヶ月程でフランス・ベルギー・オランダを降伏させた。この際、フランス駐留のイギリス軍をも完全に壊走 させた。電撃戦は、継戦力が乏しく作戦の長期化や多方面作戦を避けたいドイツにとっていわば必然であり、事実、西方電撃戦によってショックを与え、厭戦ムードを盛り上げることでイギリスと早々に講和する事を期待していた。ところが、ヒトラーの判断ミスで、ダンケルクから連合軍将兵34万人がイギリスに逃げ込み、このときイギリスに渡ったフランス軍将校のシャルル・ド・ゴールがフランスの植民地政府を味方に付けレジスタンスを結成するなどして徹底抗戦の構えを見せた。

このためイギリス本土への上陸作戦を決意したドイツは、上陸作戦用の水陸両用戦車も準備した。上陸作戦部隊の海路確保のためドーバー海峡における航空優 勢の獲得を目指して、1940年7月、先ずイギリス空軍の撃滅と軍事施設破壊を目的とした航空作戦を開始した。

あらすじ

ホーネット中隊は、フランスで最後の抵抗を試みるが、連合軍の大陸からの撤退に伴い、イギリスへ帰還した。
戦いの場は、英国本土に移った。
ドイツ軍の猛攻に抵抗するため、ナチに占領された地域から志願してきた外国人パイロットと共にホーネット中隊はドイツ軍を迎撃する。


バトル・オブ・ブリテン DVD-BOX

バトル・オブ・ブリテン 迫りくるナチの脅威 [DVD]

バトル・オブ・ブリテン ナチに蹂躙されるヨーロッパ [DVD]

Piece of Cake (R.A.F. Quartet)