※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《エクストラ・フュージョン/Extra Fusion》

通常魔法
2000ライフポイント払って発動する。
自分のエクストラデッキから
融合モンスターによって決められたモンスターを墓地に送り、
その融合モンスター1体を融合召喚扱いで自分フィールド上に特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは
次の相手ターンのエンドフェイズ時まで効果が無効化され、
このターン攻撃する事ができない。
また、このカードを発動するターン、
自分はこのカードの効果以外でモンスターを通常召喚・特殊召喚できない。

エクストラデッキから融合召喚を行うカード。
主にシンクロモンスターを融合素材に含む融合モンスターのサポートカードだが、それ故にかなりの制約が付きまとう。

2000ものライフコストは初期ライフの4分の1であり、決して低い数値ではない。
ライフに余裕のある序盤なら気にならないだろうが、中盤以降では慎重に発動する必要がある。特に、このカードの発動を無効にされるのは絶対に避けたい。
融合モンスターの方は《フュージョン・クローズ》でサポートできるが、このカードはカウンター罠で守るしかない。

1つ目の制約は融合モンスターの効果が無効化され、召喚ターンの攻撃が封じるもの。
《E・HERO Extreme BLIZZARD》等、強力な効果を持ち、高い攻撃力を誇るモンスターはこのカードと相性が良いが、効果が無効化されてしまうのは少々勿体ない。《E・HERO Extreme BLIZZARD》自体はフィールド外で発動する効果を備えているのでこのカードの影響は軽い方であるが、フィールドでしか効果を発揮できないモンスターにとってはきつい制約になる。
攻撃不可の方はとどめに使いにくい程度で、次のターン以降は攻撃ができるようになるので大した問題ではないだろう。

2つ目の制約は発動ターンの展開が不可能になる事。
《連鎖融合》を併用して更なる融合召喚を狙う場合など、この制約は重い。
特に、融合モンスターを除去されてしまっては2000ものライフと召喚制限だけが残ってしまい大きなディスアドバンテージとなってしまう。
矢張りこのカードの発動と融合召喚は絶対に成功させたい。
融合召喚後は《フュージョニスト・カウンター》等で相手の展開を鈍らせると良いだろう。

因みに、漫画版の遊戯王にてボマーがこのカードと同名カードを使用したが、特に関係はない。

  • 関連項目