※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

他力本願侍(たりきほんがんざむらい)/Sasuke Samurai #5》

効果モンスター
星2/地属性/戦士族/ATK1500/DEF 0
このカードは攻撃する事ができない。
1ターンに1度、自分フィールド上に存在する「他力本願侍」以外の
自分モンスターが攻撃する時、そのダメージ計算時に発動する事ができる。
そのモンスターの攻撃力はエンドフェイズ時まで
このカードの攻撃力分だけアップする。

攻撃できないデメリットを持ち、自身以外のモンスターの攻撃時に自身の攻撃力分強化する効果を持つ。
リクルーター対応なので、フィールドに出しやすく、レベルの関係上蘇生カードも使いやすい。
攻撃できないデメリットも、レベルにしては高めとはいえ、自身から戦闘を行うのは少なく、そこまで致命的ではない。何より他のモンスターの攻撃力を1500ポイントアップすると言っていい効果を持ち、《BF-月影のカルート》よりも高い数値の補正が行えると考えればなかなか強力。

だが、フィールドに存在しなければならないので《BF-月影のカルート》等の手札誘発系と違い、存在が相手に筒抜けであり、事前に対策をされやすい。
このカードを召喚したターンは対策が難しいため存分に効果を発揮できるが、返しのターンではほぼ確実に戦闘破壊されてしまうだろう。
よって、このカードは使い切りと割り切ってしまっても良い。
只、そうなると同じ1500補正が出来る《セカンド・ブースター》と殆ど同じになってしまう。
尤も、このカードは効果使用後も壁にはなり、属性・種族も異なるので、どちらを採用した方が良いかはデッキタイプによって変わってくるだろう。

同じ戦士族でこのカードを特殊召喚でき、このカードを守る事ができる《切り込み隊長》との相性は抜群。また、このカードとこのカードの効果で強化可能な他のモンスターの打点を上げ、実質他のモンスターの攻撃力を1600ポイント上げる事が出来る《一族の結束》も同様にシナジーが抜群であり、このカードを採用する場合はこの2枚も一緒に投入すると良いだろう。その場合、《一族の結束》の性質上戦士族統一となるので、《マジック・ストライカー》等、このカードと相性の良い戦士族モンスターを多めに投入しておきたい。

シンクロモンスターでは、レベル2という事で《ジャンク・ウォリアー》とのコンボが強力だろう。
《ジャンク・ウォリアー》自身の効果で3800になり、このカードで更に強化すれば固定攻撃力最高値の5000すら上回る5300もの攻撃力になる。
《ジャンク・シンクロン》でこのカードを蘇生し、特殊召喚をトリガーに《地獄の暴走召喚》で3体並べた後に《ジャンク・ウォリアー》をシンクロ召喚すれば、2体の《他力本願侍》の効果を合わせて8300まで攻撃力が跳ね上がる。
只、《地獄の暴走召喚》を絡めるだけなら
《ザ・カリキュレーター》を並べた方が高い攻撃力を得られる点に注意。
このカードは上記のように、《一族の結束》を使える戦士族という点で差別化をすると良いだろう。
上記のコンボに《一族の結束》を組み込んだ場合の《ジャンク・ウォリアー》の最高攻撃力は、《一族の結束》1枚だけで12300にまで達する。
2枚なら16300、3枚なら20000越えの20300となる。

  • 関連項目
  ・フリー投稿