ラシュカ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラシュカ・ラングリッジ/人間/女(男装している)/18歳

  出身世界SW2.0ミストキャッスル
  特色   :剣の加護/運命変転(1日1度不運を幸運に変えられる)
  技能   :プリースト(知識神キルヒア)/セージ/バード/レンジャー
  役割   :回復/支援系

●身体的データ

  身長   :165cm
  体型   :ひょろひょろ
  髪    :藁色ストレートロング
  瞳の色  :きついつり目に飴色~金色の黒目がちの瞳
  肌    :なまっちろいがり勉スキン
  利き腕  :右
  装備   :ソフトレザー/ラウンドシールド/小型ハープ/奴隷の首輪/聖印(水晶のイヤリング)
       ちょっと洒落たベルト/ロングマント

●性格データ

  一人称  :わたし
  二人称  :お前、貴様(嫌いな相手)
  呼称   :呼び捨て。漢字名は基本的にカタカナ呼び。親しみを覚えたり、改まると漢字になる。
  語尾   :~だ、~だろう ごくまれに敬語。

  性質   :ツンデレ・反骨精神・KY・自信過剰・難儀・残念・ひねくれて一回転してもどってきた、かろうじて前向きの意志の強さ・世間知らず

●パーソナルデータ

  家族構成 :父親、従者(ルーンフォークの執事) 母親は生まれたころに旅にでた
  経歴   :規律の厳しい環境で育った/大きな秘密がある/歌をほめられたことがない
  好きな物 :甘いもの(お子様味覚)本 楽器の演奏 自分より可愛く弱そうな子供
  嫌いな物 :蛮族 理解不能なもの 上から目線 理にかなわないこと 人前で歌うこと

●データ解説

 知識神キルヒア神官。通常の回復や毒・病気の治癒や蛮族(人類の敵系)へのダメージを増やしたりむこうからのダメージを減らしたりする支援のほか、知力判定をブーストするような特殊魔法を使える。
 特定の敵へのクリティカル値を下げることも可能。
 SW2.0セージは魔物識別の判定にある水準で成功すると相手の弱点を見抜けるので、知力特化で指揮能力に長けているといえる。
※ただし、人間には魔物のようなわかりやすい弱点はないのでボーナスはつかない。

 バードとして使える呪歌は『レクイエム/アンデッドにペナルティ』と『アンビエント/命中判定にマイナス』。どちらも歌が不要の呪歌。

 レンジャーだが野外活動に強いタイプではなく、薬草やポーション(得にポーションは知力基準)の回復量のボーナスのために取っている。

 通常は単体にしか使えない回復魔法や支援魔法を拡大して飛ばしたり、ダイスを何度も振って確実化できる支援特化。さらにMP軽減/プリーストも持っている。

●能力値・所持技能

器用度 敏捷度 筋 力 生命力 知 力 精神力
能力値 15 13 10 12 24 20
ボーナス 2 2 1 2 4 3

HP:27 MP:41

プリースト5
セージ4
バード2
レンジャー2

魔法拡大/数 魔法拡大/確実化 MP軽減/プリースト
交易共通語 (会話・読文)
フェイダン地方語 (会話・読文)
汎用蛮族語 (会話・読文)
魔法文明語 (会話)
魔動機文明語 (会話・読文)

●設定解説

 都市全体が学び舎というカイン・ガラで神学と座学の勉強漬けだった箱入り娘(なぜか男口調)が男装して家出して冒険者になったらそのまま人類の敵の街にとっつかまって奴隷になっちゃったという悲惨な運命のキャラ。

 全体に運は悪くないが意識/無意識に関わらずトラブルのド真ん中に飛び込んでいきやすい性質かもしれない。

 口も目つきも態度も悪いけどありがとうとごめんなさいはいえます。
「しょうふがい? あへんくつ? なんだそれは?」とか言っちゃうド世間知らず。


☆あまり よまなくていい しょうさい

 偉い学者の娘として生まれ、何不自由なく育った。知識を探求するうち神の声を聞き、神学を中心に学問に没頭する。

 母親は旅の歌姫、父親は真面目一辺倒の地位ある学者。二人は愛しあったが立場と生まれ育った環境の違いから結婚して同じ場所で暮らすことをよしとせず、娘を父親が引きとって、母はまた旅に出た。

 父親は娘を愛したが、抱きしめたり頭をなでたりという解りやすい愛情ではなく、厳格な躾や徹底した教育、礼儀作法などであらわされた。娘もそれを推し量り、愛情を疑わなかった。
 ただ、男親のため今ひとつ行き届かなかったのが口調と態度。これは父親の真似でこうなっている。つまり超偉そうなツンデレ父娘。

 手元に残された母の楽器と楽譜からこっそりと演奏を学んだが、歌の歌い方は楽譜にはなく、あまり自信がない。
 勇気を出して父の前で歌ったところ、複雑な顔をされたので歌うことに抵抗を覚えるようになる。

 13の時にルーンフォークを拾い、インプリンティングでなし崩し的に主人になる。イケメンだったのでちょっと期待したが、性格に難があったために夢は破れた。今ではいいコンビ(掛け合い漫才的な意味で)。

 故郷では、迎合しない姿勢と協調性の無さ、とっつきの悪さで友達がいなかった。父親が都市でも偉い立場の人間だったのも原因の一つ。

 父に守られ、また、そのせいで優遇されるようなこともあったために息苦しさを覚え、まだ見ぬ母の面影を求め男装して従者と家出した。

 そこで仲間を作り、冒険に出たところで蛮族にとっつかまって人類の敵が支配する霧の街入り。

 タビット族の商人の奴隷としてこき使われ、または奴隷や浮民として虐げられる人族を助け、抵抗組織に接触し、なんとか霧の街で生き延びるすべを求めていた。

 はめている首輪は霧の街から出ようとしたり、主人に歯向かったりすると締まる。

 途中命を落とし、無理やり蛮族と合成されて生き返った仲間がいる。死の際に発生する『穢れ』を厭う神官だが、仲間に対してそのわだかまりはない。

 そんな仲間たちと街を歩いていたところ、霧に包まれてエル・ミーナ入りした。
 一刻も早く霧の街に戻り、仲間たちを助けたい(後衛で戦闘能力は0なのに!)と考えている。

 まったくもって空気を読まず、ノーシンキングで思ったことを口に出す性質。嫌なものは嫌、ダメなものはダメ。ただし自分には甘い。
 人間としての倫理観を自分の中で定め、曲げたくないと思っている。大の蛮族嫌い。そのため霧の街で蛮族と交渉が必要な場合は口をふさぐかふさがれるか、酷いときは仲間たちに担がれて無理やり撤退させられた。

 ツッコミ気質だが基本的にボケ。自分を正しいと疑わないが訂正されて納得できればすぐに飲み込むこともできる。

 酒には強いがおいしいとは思っていない。甘いものやわかりやすい味のものがすき。

 自分より弱そうな女子供には強気になり、優しくできるというコミュニケーション不全なところがある。ただし、憎まれ口を叩くくらいでなければ本音は伝わらないと考えているため、優しくしている相手には本心をなかなか伝えられない難儀な性質。

 なお、男装には深い意味はない。バラす機会を失ったのでうやむやとそのままにしている。

●エル・ミーナにおける人間関係

黒羽輝身 クロバネ 森に入るのを止められたが振り払ってしまい、やや気まずい。
熊野屋木知 屋木知 ハナのチョコレートを渡してしまった。しまったあああ!
フェルミ・ノーベル フェルミ 助けてもらった気がするけど釈然としない。
デュオニース デュオニース 落ちて来た。なにあれ。
秋葉任天堂 アキバ 爆発した。なにあれ。
アイシャ アイシャ 荷物を持ってきてくれた。飛んできた。
シャリーフ シャリーフ 飛んできた。
有栖川 蛍 アリス 飛んできた。
神山帝鉄 カミヤマ チョコをやったとき、キタムラに無理やり手渡させられた
テルル テルル 可憐な少女だ。少しうらやましい
吾妻橋麻 アズマ 苦手意識。じょしこうせいを勘違いしている
上埼悠 カミザキ 苦手意識。じょしこうせいを勘違いしている
ケイト ケイト かわいらしい店員だな、と思っている

  • 1.名前を教えて下さい
 「わたしの名はラシュカだ。姓はラングリッジだが、余り名乗らないな」

  • 2.好きなものはなんですか?
 「清潔なベッドや美味な食事に、文化的な生活と平穏だ」

  • 3.趣味はありますか?
 「自堕落に書に耽ることだろうか。あまり、その内容は是非しないな。なんでも読む」

  • 4.夢や目標はありますか?
 「お母様――は、母を見つけることだけれど、まだまだ叶いそうにないよ」

  • 5.生きていく上で大事なものってなんだと思いますか?
 「命がなくば生きて行けないが、意志がなければ魂が腐る。しかし裏打ちのない自尊心だけでは尖りきって折れてしまうことだろう」

  • 6.どうしても許せないものはありますか?
 「蛮族は苛立たしいが、おのれの立場に不満を抱きつつも唯々諾々と生きる人間こそ罪悪だろう」

  • 7.前から欲しかった物が買える額のお金をたまたま道端で拾いました。どうしますか?
 「? なぜ落ちている金を拾う必要があるんだ?」

  • 8.か弱そうな可愛い娘さんが暴漢にからまれている場面にでくわしました。どうしますか?
 「恣意的な質問だな。どういう答えを期待している? あなたはどのくらいいい人ですかとでも聞きたいのか? くだらないな。そんなもの、その時に考えればいいことだ」

  • 9.この世界についてどう思いますか?
 「ぎゃあぎゃあ陽気でたいそう文化的、永劫栄えるだろう素晴らしき霧の街に比べれば、天国と言っても足りないな!」

  • 10.元の世界に帰りたいと思いますか?
 「解りきったことを質問する奴は嫌いだ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。